ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「マンハントEX 人狩りツアー」別な意味でじわじわする

昨夜、くだんの無料動動画アプリで。何も情報なく「グロそう」と言うだけで、これも時間潰しみたいな感じでチョイス。

終わってからググった。

f:id:bionic_giko:20180406104319j:image

アプリ検索した時は「マンハント 」としかなかったの、実際はこんな長かったタイトル。「EX」てなに?まあいいいか。

南アフリカが製作国でアフリカの話っていう設定だった。非科学的な呪術だのカニバリズムだのって恐怖感を煽るのはちょっといいイメージじゃないなぁ。作り話であることは分かってても。

最近は実在の国や街を使わない製作が増えてる。最初は「わぁ嘘くさい、不自然んん」って思ってた。でも紛争が起こっているとかマフィアとか麻薬とか、そういう話はリアリティを追求しつつも「かの国はこんな有様」という決めつけをしないという点でいいのかも。あくまでもフィクションとしての映画を楽しむのにそれほどマイナスにはならない気がして来た。

 

あと同タイトルなもんで、福山雅治の、ジョン・ウーの、ついこないだやってたの、ガルちゃんにボロクソ書かれててカワイソすぎた。本当に酷い言われ様だった。割りと同意したけど。

 

「目で、耳で…全身が叫ぶ!!

その恐怖、ショック死レベル!!

抜群の満足度を絶対保証!!」

という謳い文句がなんだかパンチ力すごくて何度も読んでしまった。つい音読までしたくなった。多用してるビックリマークもすごい。さすがカテゴリがアクション・スリラー。

 

多分こういった絶叫系を求める人が目を付ける映画なのだろう。でもそういう人たちは脳が慣れてしまっているからびっくりさせられたりはしても叫ばない、余程でないと。
私はびっくりしぃなので、映画館で観ていたら多分もうちょっと反応するかも。でも観賞後はガッカリ感を引きずりそう。どっちが良かったんだろう。

画面が暗くて肝心のところがイマイチよく見えない、生き残りそうなヤツすぐ分かる、ミステリー仕立てだけどもはや誰が誰とかどうでもいい、という物凄くこだわりを持たずにすむ、それであって分かりやすい映画だった。

「ショック死レベル」で怖がらせることを目的としてるなら「絶対保証」は失敗だ。申し訳ない。

 

人が残虐に殺されるシーンとかおどろおどろしい呪術とか、毛皮や動物の骨を使った衣装とか、登場人物の背景とか、ツアーに出かける人たちの背景とか、衣装とか、細工とか、殺され方とか…。それなりのお金をかけて試行錯誤を経て(知らんけど)、見所はここだなと、とにかく大真面目にこの映画を製作したひとたちがいるんだな。

「これは!ショック死させてしまうんじゃないか!?」

て考えたひとたちがいて出来上がった映画なんだ。

 

そう考えるとちょっとじわじわ来る。