ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「東京喰種」

作品についての前情報、媒体については一切摂取なしで行ってきました。生娘。耳年増とかでもなく。(?)まっさらな白いキャンバスで。

 

あ、ひとつ、心の叫びです。大事なので叫ばせていただきます。

ポップコーン野郎どもがおりませんでした!!もうサイコーーーーッッッ!!サイッコオオオオオオオオオオオオオツッッッッ!!!

 

 

好きだったことに気付いた

清水富美加もとい千眼美子ーーぉぉぉん!

カムバックプリーーーーズ!!

f:id:bionic_giko:20170803151319j:plain

まーすごい再現度ですな。(窪田くんも大概でしたけど)

f:id:bionic_giko:20170803150654j:plain

どこからかは分からないけど、顔もスタイルも声もすごく好きなタイプです。眼がいい。アヒル口も可愛いだけでなくて色っぽさある。何より肩にキュンキュン来ます。歳をとるとああいう肩の周りの美しいバランスの脂肪と筋肉の付き方はなくなります。そもそも骨格の問題かもしれないけど、痩せても何してもあんな美しいラインになったことないですよね。(特に気を遣って生きてきていない一般人なので当たり前っちゃ当たり前ね)

 

スタイルがいいって簡単な話ではなくて、"大き過ぎずかつ存在感あるバスト"と筋張ったり骨張ったりしてない腕や脚や関節"の美しさの話です。たまたま夜中に盤の整理をしていて「修羅雪姫」発見。釈由美子、あの子も好きで買ってたんだな。これ多分ジャケ買い。全然覚えてないけどジャケ買いです。

f:id:bionic_giko:20170803151137j:plain

f:id:bionic_giko:20170803151207j:plain

f:id:bionic_giko:20170803151702j:plain

私、しなやかな身体から繰り出すしなやかなアクションがすごい愛しています。(釈ちゃんの顔がどうとかって言う話は今回触れない)水野美紀は有名だけど何故かスルー、清野菜名もこの映画を見逃したのがツライ。押井さんだったのに。菜名ちゃんの顔もタイプなのに…。

youtu.be

志穂美悦子(おっぱいおっきすぎるけど)から始まった女性アクションアクター贔屓。今、千眼さんにたどり着きました。ていうか、本名使えや!!使わしたってよ!!宗教とかどうでもええんじゃ。あの容姿と動きと演技力を活かす世界を彼女に戻してくれ。罪を犯したわけでもないのになんで職を奪われてるん。…いや詳細知らないですけどね。なんかあったんすか?←

 

キャスト

藤原竜也はラスボスで続編出ます?もう台詞要らんやろなぁ…。窪田くんと「ん"ぐあ"あ""""""""""""""ああ」てやりあってるんやろなぁ…。(そもそも出てないし、続編もまだ聞いてないし、あっても行かないし)

あとは大泉洋か。自身の気持ち悪さフルスロットルで排気して、多分本望だろうなってことは分かった。めっちゃ気持ち悪いwwww

村井國夫氏。昔から大好きなイケメソ俳優さんです。女ったらしで嫁の音無美紀子が苦労させられてどこぞの宗教入ってとか、お若い方はご存じないと思いますけど芸能界て今も昔も変わらずこんな話ばっかりです。こんな優しそうなイケメソおじいちゃんだけど、若い頃は最低な浮気男だったんですよ。ていうか、やっと毒が抜けた感じで良くなってきたけど未だに『安心できない色気』が溜まらない。國夫から目が離せない。たまに悪かったり怖かったりする表情でドキンてする。この方は決して「雰囲気俳優」ではないし、本格舞台俳優としても活躍されるほどの美声。溜まりませんゎ…えぇ私、昭和ですから、ええ。

f:id:bionic_giko:20170803150340j:plain

(喋らすとイラッとするけどw)

 

クチャラー最強

敢えてでしょうが「咀嚼音」強調音響。クチャラー苦手人はご注意を。私、不用意すぎました。苦手です、病的に苦手です。いや病気みたいなモンらしいですよ、もう。日常的に暴力にに走りたくなるほどのストレスを感じます。なんであんなに音を立てないと食べられないんですかね。そして自分はどうなのか、気になって仕方ないです。話が相変わらず逸れてますけど 、映画としては「食べる=生きる」がテーマの1つとも考えられるので致し方ないです。むしろすぐに「しまった!!」と気付いたのに割と大丈夫だった自分に驚きです。

グロい方には耐性があるのですが、そっちはイマイチでした。イマイチ。目玉食えって言われたら戸惑うけど、いちいち目玉出してくるのはメンドクサイ。

 

あるある

総じて、昔からある「体の内部から異質な肉体が出てくる」ネタで、その辺りの新しさは感じなかったです。動画からアニメを今さっきからちょこちょこ観て来ましたけど、アニメだとクールな印象の登場人物が戦闘なった途端に「獣」になるんですね。「HUTER×HUNTER」風なクールさとアクションとグロさなんかも思い浮かびました(どっち先?)。

とはいえポップコーン野郎どもがいないということで、むやみに集中できてしまい、本来の私らしい「ツッコミまくり」モードが訪れませんでした。なんか物足りないわーw

 

youtu.be

 

しかしてTRIBE系の(なんか誰かに似てるよねって言う)人のコート(記憶としては生田斗真の「TOP SECRET」の衣装を彷彿とさせる肩パッドデザイン)とか、あの武器何?焦げたアメリカンドックみたいっていうかとにかくむちゃくちゃだっさいあの武器何よ?とか、気になる点はいくつかピックアップしてたんだけど、まあそんなに引っ張る映画でもなかったです。

アニメも特にここからって言う気にはならなくて、むしろ2次創作へは興味が…ww

 

エンディングテーマ

一応、ちゃんと惹かれましたので、隣の人に殴られないようブランケットの中でスマホ開いてメモ。(以前、ほぼ真っ暗なエンドロールで確認したいこととかあったんでちょこっとスマホ開いてド突かれたことあるんです、私が悪いんですけどね、そこそこ距離のあるシートなのにひじ掛けをドカッと…)

「BANKA Illion」。えー前々前々前々全然世の人じゃないんだー?て思ったらその人だったよ、野田くんだったよ。ソロプロジェクトとかややこしいからあれこれ名前つけるの止めなよ、厨二だなぁ…ぶつぶつ

良い曲だったので覚えてみようと思いつつ、この長い短調な曲を聴かせるって相当な表現力というか、技量とか魅力とか、素人にはキツいよ?ということには気付けてますよ。野田くんの声は変にビブラートとかかけず、ストレートなのにたまに揺れたり、上手いのか下手なのか不明だけどすごいインパクトですねぇ…

www.youtube.com