読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「キリング・ゲーム」

冒頭の戦争のシーンで、

あー間違いたわ失敗したわ、うっかりやったわと後悔。

戦争モノ、嫌いなんやってば。

 

 

んでもその後の森の中の引きこもり生活がすっごく魅力的。

 

いいなぁ、だれとも接触しないで好きなモノだけに囲まれて生きてる。

とかほっこりしたのもつかの間。

 

観ながらクッソこれ!クッソ映画!とか心で毒づきながら、

初めて、途中退席することまで考えた…

 

ここまでイヤな表現をする必要があるんかいと。

 

でもロバートデニーロとジョントラボルタ対決シーンは、呆れるほど残虐なのに、目が離せない。

ぶるぶる震えてひぃぃってなりながらも必死に観てしまう。

 

上手い。

俳優か監督か脚本か。

ストーリーに新鮮さや面白い要素はないんやが。

 

 

 

んで、

最後にだだ泣きするワタシ。

 

 

 

涙腺バカここにあり。

 

隣の涙腺バカ仲間のはずの友人もさすがに「泣いてる?!」て驚いたらしい。

我ながら自分でも「アホやろわし…」て呆れましたけども。 

 

 

ロバート・デニーロジョン・トラボルタ

往年のと言えばみな「良かった」って仰るのでしょうが、私はデニーロに関して言えば最近の優しい笑顔のおじさん(おじいちゃん)的な風情がすごい好き。

(トラボルタについては特にないです。この役はすごかったです。)

 

 

すごいんだけど、エグくてなぁ。

 

物凄い美しい自然の景色と

血みどろの人間。

 

あー思い出すと心臓バクバク。