ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

神回「柴犬」

星野源さんの「いのちの車窓から」。

「いのちの車窓から」星野源 今朝の通勤から読み始めた - ぎこの観たもの聴いたもの

 

読み始めた時に「ささっと2日もあれば読み終えそう」なんて思ってたけど、実はまだ読んでる←

 

 

春のせいなのか

歯医者に行って口の中を見られるだけでも「疲れてるし、それが溜まってますね」とか言われるとか

とにかく毎日ぼんやりしんどくて常時眠みに襲われてたりとか

ただひたすら会社に行く、帰るしか出来ないマシンになっている状態…

 

2~3日に1度くらい、表紙を開き1話をじっくり読む。

気持ちがじわじわ温まる。熟成する。そんな感じ。

 

今朝、電車の中で読んだ「柴犬」。

これは私にはいろいろ神回だなぁと。

 

多忙な源氏が動物を飼うことは100%無理だ。

ていうか飼ってはいけない生活。

それをそこらへんの「犬好きなんです!」なんつって飼ってる様な多忙な芸能人と違ってて、「今は犬を飼えない状態」ときちんと自覚認識してる。

 

そうだ!いいぞ源ちゃん!!エライ!!

 

生源に会いたいぞ!!!

(ツアーチケット落選のお知らせを相変わらず受け取るむなしみの日々…ぅぅ)

 

幅広く動物が好きな私はうっかり入ったペットショップでインコと会話したり、日々見かける野鳥(カラスとかスズメ程度)や野良ネズミにさえも「ずぎゅん」てしてる。

だから

 

「柴犬と目が合ってお肌のつやが良くなる」

 

f:id:bionic_giko:20170413092234j:plain

フリー素材より

 

これ、すごい分かるーぅ!!

 

 

昨日は帰りの電車の中で盲導犬が主さんの足の向こうにぎゅっと伏せてて、ぎゅいいいんって胸を打たれた。

こんな私もさ、日々お肌の調子がもっと良くてもいくないか? 

 

 

星野源さんに呼称についてころころ変化していることについてはスルーしてください。彼は私にとってもはやドリームな存在なのです。手が届かなさすぎる、もしかしたら幻想なのです。もしかしたら架空の生き物。ツチノコとか麒麟とか(もういい…涙)