ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「サバービコン」~すごい不快なのにどんどん観ちゃう

そうか、これがコーエン兄弟だった。

奇妙で不可解で不愉快、何もかもが吐き気をもよおすほどに酷い。なのに淡々と進んでいく物語を見逃さぬようスクリーンから目を離さない。
胸騒ぎしかしなくて、悪いことが起こると察しててドキドキするのに、それを見届けたくてたまらない気持ちになる。自分の中に「悪趣味」を見つけている絶望感。いやそれより罪深い、悪い意味での群集心理に感化される下世話な性分、いわゆる「野次馬根性」?
映画だから!完全傍観者だから!どうせ自分とは関係ないんだし!これは見届けたい言い訳をいつのまにかしてた。悪意に揉みくちゃにされて、自分の心まで巻き込まれてることにホントは気付いているのだ。

目をそらしているものを見せつけられているようで、非常にものすごく実に胸が悪くなる。何もかもが。

もう考えられる限りの不快感を言葉にしてみたんだけど、実はまた別の奇妙なことがある。

人のエゴや差別意識の嵐が猛威を振るう中に、忽然と穏やかなカプセルに包まれた空間も存在しているのだ。それが隣人同士の少年2人のキャッチボールだ。文字通り野球ボールから、寝る前にふとベッドから視線を送る隣家の窓の灯り、手作りの糸電話、小さなかわいらしいヘビの交換、そのエサである虫集め…。
あの世界が同じ時空に存在してるとは到底思えないほど違和感がある。
どちらかが偽物なのでは?どちらも夢なのでは…?そういう違和感に最初から最後まで包まれていた。

 

とりあえず先入観を完全に無視してくる。

多分予告編を観てほとんどの人が「平和な街に黒人が引っ越してきて…」という入口でありきたりな物語を想像をしてしまう。想像するなと言っても無理だと思う。もちろん人種問題の嫌な部分も織り込み済みだし、それだけでも想像を超えた描写だ。斜め上ではなく裏側の全然違う胸糞悪い話が進行していく戸惑いを堪能するしかない。

 

この物語の終焉を目前にして父親のおぞましい言葉を聞く少年の表情が素晴らしい。私はそれまでのあまりに非現実すぎる物語に直面して涙腺バカも発動しなかった。しかしその少年の演技に釘付けになって、一瞬鼻の奥に涙が広がった。震える唇と透明な瞳から透明な頬に溢れ落ちる透明の涙の粒。本当に天使のようだった。美しく強く悲しい。この世のものと思えない。

いやそれまでもこの世の出来事とは思えないことばかりなんだけど。

 

そして最後はまた塀を挟んだキャッチボールだ。

何も終わらない。

サバービコン?

なんなんだあのサバービコンて。なんなんだあの世界。

もしかして現実の世界そのものなのか。悪夢のような現実なのか。

 

f:id:bionic_giko:20180521195821j:image

Spotifyプレミアム体験期間、まもなく終了

最近Spotifyプレミアムを利用し始めて間もなく3ヶ月になる。

www.spotifypremium.jp

 

インストールしてからしばらく無料で使ってたんだけど、iPhoneiPadでの使い勝手が微妙に違って面倒だったのと、やっぱり外で通信料を気にするのがストレスだった。そこで「プレミアム体験3ヶ月間月額100円」というキャンペーンに乗っかった。

その後「30日間無料!」てなってるのを見た。ほんで今見に行ったら「3ヶ月間100円!」なってた。うーんこの。そういえば毎月100円(または108円?)が引き落とされてる記憶がないな…?まあいいか。

とりあえずクレジットカード情報を入力した。3ヶ月経過して「やっぱフリーでいいや」と思ったらダウングレード手続きをしなければならない。放っておくと980円の正規料金が引き落とされるやつ。

 

 

さて、課金にあたって。

すごく迷ったのは、どうも分かりにくい部分があったこと。楽曲をダウンロードをすれば通信せずに聴ける。つまり手持ちのデバイスの容量を食うということになるはず。(だよね?)

これまではiTinesを利用(今も併用)してて、あれはiPhone同期の際にどれくらい容量を食ってるか分かる。でもSpotify、分からない。どうも通信とダウンロードとデバイスの容量の詳細が分からない。全然分からない。目で見えないものが理解できないのって昭和脳の典型なのかもしれない…。つらい。Spotifyはダウンロードにかかる時間がものすごく短い。これってiTunesに入れるのと全然違うよね、違うことは分かるんだけどどうしてなのか分からない。分からなすぎるの、バカなの。そこを必死で何度もググってみたんだけどほんと分からない。やっぱバカなのか。

思うに、これはダウンロードしたけどフリーに戻したら通信しないと聴けなくなるってことだろうな。購入代金ではなく使用料なんだなきっと。いやでも機械の中のことが分からないんだけど!!

つまり、既に100曲以上ダウンロードした楽曲は私のモノにはなっていないということなのだよね!!??ああああああもう分かりにくいっていうか、私のモノになってないなんてなんか耐えられない!!分からないよ!!

 
 
それはそうとね、このSpotify
今まで視界にはあったのに聴き逃していた音楽を勝手に投げつけてきてくれるもんだから、心が揺れまくってる。もちろん探しに行くことも可能だし新しいのも勝手に投げ込んできてくれる。聴きたいのも聴きたくないものも聴き放題。
最近だとぼくりりや髭男、ずーっとスルーしてたコーネリアス、そして大橋トリオ!!
すんごいいいじゃないですか、大橋トリオ!!
なにこの柔らかな日差しのような音楽!!
もう完全に大橋トリオフリーク。
ずーーっとむさぼるように聴いてる。むさぼり過ぎてギリギリでライブチケットまでゲットしてしまった!!!
私に大橋トリオを紹介してくれてありがとう!!
 
そんな風にこの2か月半はスタートダッシュ的にガーッとのめり込んで満足してきた。でもそろそろ正規料金も掛かることだし、もうちょっと冒険してみなきゃと。週末、鉢植えの手入れをがっつりしながら邦楽Popsとかダンスミュージックとかいう、Spotifyが勝手に投げ込んでくるスタイルのプレイリストを流してみた。…あ、うん、なるほど。巷で流行してるものからちょっとサブカルっぽいものまで幅が広い。グッとくるもの、「あーこれ探そうと思っててん」ていうもの、「これ誰?」ってググっちゃうもの、カオスの中にも発見がすごい。
でもなんていうの。ひとつにじっくりはまる「間」がない気がする。これまでの「好きなアーチストやジャンルに絞って聴く」スタイルを無理やり方向転換されてしまう感じ。良いのかな悪いのか。もうちょっと深掘りしたい、しかしこっちのも気になるっていう散漫な付き合い方。いややっぱりもうちょっとゆっくりしたいんだ…。
私、冒険て向いてないのかもしんない。でも楽しい。どうしよう。
 
 
もちろん、自分でプレイリストを作成できるよ。
でもそれを通信せずに聴くためには課金を続けないとならないんだよね…?そうだよね?
えっと例えばiTunesでアルバムを10点購入したら3万円弱。永久に聴ける。うっかり削除してもデータを記憶媒体に残しておけば復旧も無料。
一方、3万円はSpotifyなら2年半の課金合計だ。その間にちょっとその時だけ聴きたいっていうつまみ食い目的でも聴き放題。正し課金をやめたら…?やめてもWiFi環境なら聴けるんだよな。あーん。どうしよう。分からないぃぃぃぃ!!
 
 
さぁ月額980円の課金生活がすぐそこに!ほんとどうしようねぇ…
 f:id:bionic_giko:20180516093502j:image

映画「ブラック・パンサー」もっと国王活躍させて欲しいの!!

先に「アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー」観ちゃって。

ワガンダ国王があんまりにも好みだったのでやってるとこ見つけてズバッと予約してしまった。f:id:bionic_giko:20180514151245j:image
それが「ScreenX」ていうの、高いの。3Dでも4Dでもないの、「X」てなに?

いやそれが。

両側面の壁もスクリーンになるの!3Dは全然平気だけどこれは酔いそうなった。冒頭のデモ映像だけで”ぐわわっ”てなってしまった。わざと斜めのアングルにしたりするから余計に。身構えてしまうくらいヤバかったけど、全編通してじゃなかった。ほっ。空とか大地とか引いたアングルに主に使われてた。2Dだけど物理的に奥行きや広がりを出してくるわけなので風景映像に迫力が増す。やっぱり3Dとはちょっと違うけどそれなり楽しい。でも人間の目は側面には弱いから、慣れてくると「真ん中だけで良くない?」て思ってしまうわけ。

ま、体験できて良かった。アトラクションみたいだった。


さて初の「黒人アベンジャーズヒーロー」

ってことで注目されて評価も高かった気がする今作。テーマは「人類皆きょうだい」的に感じた。ただ私にとってはそんなことはどうでもよくて、いかに国王がカッチョ良く活躍してくれるかっていうのに期待してた。もちろんそういうシーンはある。おおおお!てなる。でも少ない。もっと!プリーズ!

なんだか全体通して、ワガンダ王国と世界の黒人事情の葛藤が生み出す闘いになっちゃって、最終的には「差別と貧困でぼろぼろの人たちは資源(金)さえあれば幸福なのでした!」ていう話を長々とされてしまった気がする。えー…
超科学技術大国とアフリカの歴史を無理くり合体させるのはいい。でも金さえあれば人種差別や貧困はなくなるっていう単純な発想を押し付けるのはすごい違和感がある。

原作もそうなのかな…?

バットマンもアイアンマンもよく分かんないけど金がいっぱいあってその力で悪を倒すっていう単純構造なんだし、ワガンダもそれでいいのに。私、無尽蔵に金が湧いてくる設定がすごい好きなんだけど。政治とか戦争とか貧困とか差別とか、社会問題をガチに挿入するのはアメコミには無理がある。様な気がする。私にはそう。

 

金持ちの道楽が「悪を倒す」という単純な発想が楽しいんじゃん。あれこれ「正義」の定義を持ち出してくると現実世界の困難な状況が透けて見えてきて楽しさが半減してしまう。

謎の地下資源がワガンダに富をもたらして無意味に未来化が進んでて、その国王がイケメンでめっちゃかっこいい無敵のスーツで悪党をやっつける。ほんと、それだけを楽しませて欲しい。国王の垂れ顔と筋肉と、よく分かんないけど未来の科学技術で作り出すアイテムでじゃんじゃん戦ってほしい。

次回からそれでお願いしたい…ぜひに!

 

 

そういえばバッキー・バーンズ

アベンジャーズ・インフィニティ・ウォーで好みだなぁと目を付けた片腕のひと)がちょろっと出て来る。ググったら生まれも育ちもややこしい!入り乱れてて全然理解できない!!!もうアベンジャーズの合作映画もちょっと整理しないとあかんのと違うの!?

インフィニティ・ウォーで整理するのかと思ったら後編でいろいろぶり返してきそうだし追い切れないって諦めた。

バッキーはいいや。

 

 

ところで全然関係ないけど。

最先端未来科学王国ワガンダのトイレってどうなってんのかな。出てこなかったなぁ。さぞかし快適なんだろうなぁ。

あと、リニアが走りまくってるんだけど誰が必要として乗ってるのか謎だったし、あれってそもそもどこを走ってるの?宇宙空間?いやなんかワープしてたっぽかったから亜空間なのか…そうか、そういうことか。

原作だけじゃなくてほんとに前情報を一切得ないで行ったので、マーティン・フリーマン出て来た時「ファッ?」てなったよ。大好き。大好きなの。でもさ、カンバーバッチ出てきたら気まずいじゃないの、どうするのって勝手にそわそわしちゃったよ。ますますアベンジャーズの合作が進んでいくと困ったことになるじゃん。

…あ、シャーロックはBBCドラマだしアベンジャーズじゃない。むしろ映画ではシャーロックはアイアンマンだわ。…大丈夫か。

いいか。

 

f:id:bionic_giko:20180514151315j:image

映画「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」…一応備忘録で

アベンジャースには興味がなくて…

そもそもアイアンマンにひとつも魅力を感じなくて。いや、強いて言えば「お金持ちでなんでも作れる」っていうベタベタな設定は潔いかもしんないけど。

友人が「かっこいい」って言うんであらためてしげしげと眺めたら「ヘルメットが炊飯器っぽい」って気付いた。「炊飯器のどこがかっこええねん!!!」て言ってしまった。友人はご立腹であったものの否定してなかったよ。

好きな人には申し訳ない。友人にも申し訳ない。でも一応載せとくね。

f:id:bionic_giko:20180507094138j:plainf:id:bionic_giko:20180507094157j:plain

※ウチの炊飯器やないけどな

 

ネタバレ禁止って出演俳優がいろんな動画出してるのに平気でネタバレサイトがごっそり出没してる。ネットって良いのか悪いのかいつも分からない。結果として「ええぇぇ!どうなるん!?…いや、まあなんとかなるんやろな」ていう終わり方。後編製作の話はもう発表されてるし。初めてアベンジャーズ映画を観た私にはどのキャラクターにもそんなに思い入れはないのでショックもないなぁ。「えーまた観にこなあかんのかぁ」ていう感じ。(行かないかもしんない)

カンバーバッチの「ドクター・ストレンジ」とトム・ホランドの「スパイダーマン」が(キャラより俳優だけど)まさかアベンジャーズに入って来るとはなぁ。「スパイダーマン ホームカミング」にバリバリダウニーJr.出てたけどさ。とにかく観とくかなと。

で、今さらスパイダーマンに向かって「よし、お前はアベンジャーズだ!」て念押しするシーンなんて新喜劇コケをさせたいのかな。それに「スパイダーマン ホームカミング」のトム・ホランドは好きなのにキャラが幼稚すぎてもういいかなって思ってたのに、そのまんまでやっぱりもういいやってダメ押し…。

bionic-giko.hatenablog.jp

ピーター(スパイダーマン)がやたら往年の名作映画を引き合いに出してトニーに怒られるシーンは笑えた。ケビンベーコン指数*1っぽいの出た時にもフイタ。

マーベルとかディズニーとか、どんどんシリーズ化して更にいっしょくたにしていく洋画ってオワコン臭いけどこういうの面白いね。

 

ドクター・ストレンジ」の導師ウォンさんが出て来てヤッタァ!てなる。すごく良いキャラなんだ。こっちは続編プリーズの気持ちが大きい。マントも大活躍だしせっかくならクリス・プラットにもうちょっとしつこく弄って欲しかった。

bionic-giko.hatenablog.jp

 

クリス・プラットと言えば、アベンジャーズの「クリス」率がすげぇ。クリスだらけ。しかも外人認識能力が昭和なのでイマイチ見分けがつかない!「アメリカ隊長も斧のひとも同じなのでは…?」「ごつごつのメイキャップしてる役のひと(サノスとかドラックスとか)も同じ人じゃない?」「ロキ(弟)とバッキー(片腕のひと)も…」とか、かなり脳が足りない会話を延々としてた。面白かったなー。

 

最近、いつもひとりで映画を観てたのでそういう楽しさ忘れてた。やっぱり一緒に観た人とあーだこーだ話すのは楽しい。そして自分の知らないことを教えてもらうのもありがたい。これはツイッターみたいなネットじゃなくって、一緒に劇場で時間と場所を共有してこそのノリがあるんだと思う。

あのシーンどう思った?とかあれどういう意味だった?とか。記憶があやふやになる前に鑑賞後のハイテンションを引きずった状態で話すのがいい。ひとりで観るより脳がよく動く気がする(そういうこと思うのって歳だけどな)。

ひとりだとあんまり新しい情報に思いめぐらさない。自己完結しちゃう。

なにより今回初めてアベンジャーズが楽しかったのは、ひとえに知ってる友人と一緒だったから。終わってから「あの人なんなん?」みたいな疑問を全部解決してもらえたしね。

 

音響がやたら凄かった気がするんだけど。感動しろしろ音楽。むかーし従兄から「E.T」(未見)で「泣け泣け音楽でお腹一杯なった」っていう話を聞いたことがあるけど、その気持ち分かった。戦闘シーンとか、効果音にしても音楽にしてもうるさい。観て想像を掻きたてられるのが面白いこともある。過剰な効果音はいらないなって初めて思った。白兵戦なんてもう画面から物凄い圧とか勢いを感じてるのに、もったいないなぁって。

 

 

ハッ!大切なことを書いておかねば。

ブラックパンサー」絶対観ようっと。(借りる)

f:id:bionic_giko:20180507172126j:image

映画「いぬやしき」飛び交うジェットエンジンの下に湿ったドラマがあったよ

(原作知らないです)

 

大当たりだったわー

ほんっとにすごかったわー

面白かったー

 

佐藤健の上半身の美しさったらもう。

半端ない。

顔も身体も美しい。

たまらん。

 

f:id:bionic_giko:20180427105130j:plain

私は特に男性の身体つきに好みはないけど、彼の美しさにはちょっと心が動いた。「亜人」の時もかなり見せつけられた。これでもかっていうくらい。しかし今回の方が20倍(微妙)くらいいい具合だった。モリモリじゃなくて繊細にしてしなやかな筋肉がついた引き締まった肉体。首の角度、指先まで神経が行き届いた所作。完璧。監督の意図か本人の意識か、瞬きをしたくないと思うほどだった。

f:id:bionic_giko:20180427105654j:plain

 

ちなみに彼の演技についてはさっぱり分からない。困るくらい分からない。上手いのか下手なのか全然分からない。良いか悪いかすら分からない。佐藤健だなっていう。(キムタクはキムタクって言うのとはちょっと違うんだけど、上手い言葉が見つからない)

考えてみるとこの作品に出てた人たちってみんなそうだったかも。

木梨憲武木梨憲武だし、濱田マリ濱田マリだし。伊勢谷友介三吉彩花も…こんなんでええんか?とか思ってしまった。悪いってこたぁないんだろうけど。

そんな中、とっても演技が光ってたのが本郷奏太。今回初めて「上手いな」って思った。この人、風変わりなプライベートの情報が多くてそういうバイアスがかかってしまってた。「鋼の錬金術師」はまともなシーンはなかったし。でもこないだチラ見したタイムリープ系のドラマで「おや?」となったの、チラ見なのに。今作の中で一番ぐっと来たのは彼だったかもしれない。

あ!生瀬さん!!生瀬さんはね、死に際がネタっぽかったからノーカン。それが生瀬さんだけど。

二階堂ふみは相変わらず宮崎あおいとかぶってしまう。このちょっとアレなキャラは「怒り」の時と宮崎あおいとややかぶり。顔がすごく似てるわけじゃないのに、私の中では勝手に同じ枠にいる。いい意味で裏切らない。しかしあっけなかったのでびっくりした。斉藤由貴にしても、美人はあっけなく散るのか。(三吉彩花は美しくもつよい)ていうか斉藤由貴。あの歳であれってかわいすぎるしずるい。

 

www.youtube.com

 

 

「このスリル!空飛ぶ映像スリップ!」っていうのん、最初からかっ飛ばして来るかとワクワクだったのでついつい序盤の閉塞感に退屈が勝ちそうに。動物の扱いも「んぐ」てなってしまったし。(具体的に虐待されるとかではない。単に私が動物に対して敏感なだけ。)はな子ぉ、実にいい犬だぁ…。

ん?なんだか犬と二階堂ふみが同列っぽく描かれてる気がする。それで良かったの、かな…?

 

CGとかSFXについては何遍も観たアベンジャーズ(予告)なんかよりずっとずーーっと萌えたし。ジェットエンジンが背中からガシャンガシャンって繰り出してくるのんほんといい。折り畳まれてる中身が出て来る感じってなんであんな気持ちいいの。大好物だよ。なんなら合体とかあってもいいよ。パーツチェンジとかあってもいいよ。

そのガシャンガシャンを堪能する気満々のところに、湿っぽいドラマが渦巻くわけ。

 

思春期女子が父親を毛嫌いするって本当に雑草のごとくありふれたエピソードだ。自分もそうだったけど、三吉彩花演ずる麻理はすっごいクリティカルに、しかも面と向かってdisっていてかなり辛かった。私はあんなに具体的に父親をなじる勇気も言葉も持たなかったのけど。

あの時の私がなぜ何も言わずただ父を嫌ったのか。…いやまぁ、「ただ」ではなくて理由はきちんとあったし今も解決していない。しかしそれを口にしなかった。何というか「子供が口を出す領域ではない」というのが私のストッパーであった。決定的なことは言わないままだった。よってもう思春期のことではない状態でまだ心にはある。

しかし怖いよね、思春期の女の子。きっつい。言わないだけで私の中にもあるものだったからほんと参った。刺さった。

なんてことをつらつら思い出しては息苦しくなるくらいには「冴えない父親と思春期反抗期真っ只中娘」の構図が禍々しくてつらい。この作品のターゲットがどの辺りにあるのか知らないのだけど、父親やってる人やこんな娘やってる人ってどんな思いなんだろうか。

書いていて思ったけど、佐藤健くんと斉藤由貴演ずる母子家庭ドラマもなかなかベタでありつつ、斉藤由貴のゴシップバックアップもあったりなんだりでちょっとパンチが効いてた。かわいく儚い母ちゃんを思う息子(美青年)の拗らせ方はたまらん。あれほど冷酷に世界を憎むのは、か弱き母を思って涙を流す純粋さゆえ。

思春期男女それぞれの、親への感情が対比させてあったんだなぁ。

 

「このスリル!空飛ぶ映像スリップ!」とか言ってるけど、実際そうなんだけど、その下で展開されてた親子ドラマが実に苦々しい爪痕を残したのだった…しみじみ。

 

 

わー、監督は大好きな「修羅雪姫」やってたひとか。

そして主題歌はマンウィズ。うぉっほい、やっぱり完璧!

 

f:id:bionic_giko:20180427143053j:plain

 

美しい身体を愛でるにはこのメイキングやな。

youtu.be