ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「キングスマン ゴールデンサークル」

1作目でタロン・エガートンに惚れて、魔法が解けたら「あれれ?そんないい男だった?」とかなっちゃったんだけど、そんな中コリン・ファース演じるハリーの復活を聞いて興奮して待ってた。

タロンよりトム・ホランドだわ…

bionic-giko.hatenablog.jp

 

 

…まあいいんだけど。

んで、宣材が揃う頃にはコリン・ファースなんでこんなかっちょええん?てなるわけだ。

187cmの長身足長、57歳とは思えぬ身のこなし(スタントってのはこの際考えないでおこうよ)、スッと立ってるだけで紳士の佇まいが滲み出る…美しい…

そして何より瞳が大きい。記憶を失っているシーンで幾度となくアップか映される度、幼子の様な瞳にキュンキュンでした。57歳なんだけど。

f:id:bionic_giko:20180116161923j:image

 

脇役が多いと思ってたのはまあ、思い返すとそういうのばっかり観てたってことかな。「ブリジット・ジョーンズの日記シリーズ」は1作も観てないしアカデミー獲った「英国王のスピーチ」も食指動かず。えっ出てた?くらいの「裏切りのサーカス」はベネディクト・カンバーバッチさんとかトム・ハーディに目が行ってた。

いやぁすまん、コリンさん!「モネ・ゲーム」はむっちゃくちゃ面白かったし「デビルズ・ノット」は渋かった!渋かったよ!

ハリーの様に颯爽としてないから全然印象が違うけど!!

(このショット、まだ記憶が戻ってないおじさんなんだけど、この時の片目の瞳がつぶらでかわいくてたまらんのだ、観て!)

 

 

てことでなんで俳優さんの話ばっかりかって言うと、なんだろ、あんまり特筆すべき所がなくて…や、すっごい面白かったよ!面白かったけど、なんかどこか好かんかった…どこがって何が?を上手く言えない。

イギリス紳士のスマートなスパイ映画ではないんだ。1作目はそうだったけど。今回は違うんだ。

1作目だってそりゃめちゃくちゃだった。最後の首爆弾炸裂とか、ブラック極まりなかった。でもそれも含めてクールで破茶滅茶で、あっはっはっはって大笑いしてスッキリした。

 

やっぱりドラッグの話だったからなのかなって。多くの麻薬使用者を人質に自らのドラッグビジネスの合法化を逼るポピー(このジュリアン・ムーアの振り切った毒々しい可愛らしさはすごかった(笑))が、砂糖やアルコールの依存性の高さを語るくだりで「ん?」て思考が頭をもたげてくる。

キングスマンやステイツマン(今回登場するアメリカ版キングスマン)は何と戦ってるのかが分からなくなってくるんだな。ステイツマンだってさっきの話だと麻薬並みに、いやポピーさんの話によると(洗脳)麻薬以上の依存性の高いアルコールが資金源だし、何もかもを失ったキングスマンはそこに頼って活動をせざるを得ない状況。もう何が正義なのぉおお?っていうもやもやが発生してしまって。

 

 

 

 

 

 

こんな感じかな?

 

ちなみに、当然しょっぱなのアクションがすっごいスピード感あってテンション上がるし、クライマックスの裏切り者との対決も複雑なコンビネーションでわくわく間違いなし。(クライマックスのシーンについてはネタバレサイトで「本編観てからの方がいいよ!」ていうのを観ちゃってても面白かったので、ほんとすごいよ!)

(↑これだけで良かったんちゃうのか、自分的な備忘録としても)

 

あ、あとね、ずーっと思ってたんだけど、タロン・エガートンて首が短いんだよ…トホホ…ていうくらい。うわぁって気付いて気になって気になって堪らないまま観てるところに、ラストの結婚式での衣装が詰襟だったわけ。「あああああ!!!」って声が出そうになるくらい哀しみだったよ…(ほっとけや) 

 f:id:bionic_giko:20180116162426j:image

どなたかが呟いてらっしゃった、「秒でアガる、分で下がる」って。そうです、まさにそんな感じでした…(でもタロンの首を観て!!)

 

 

 

振袖騒動の今年の成人の日に思いを巡らした

私は(公の催しものとしての)成人式に行っていないので定義や中身や質などをうんぬん言えないのだけど。

成人の日は駅ビルのお店のアルバイトをして過ごした。他店の同い年のバイト友達がかわるがわる艶やかな振り袖姿を見せに来ていた。皆恥らいつつもぴかぴかの笑顔で、周りからは祝福の声が上がり、とても素敵な光景だった。

 

母は結婚するまで京都の街なかで暮らしていて、土地柄なのか単なる好みなのか、着物が好きで大量に所有する人だった(今も生きてる)。

兄と私を育てる中でも日常で着物を着ることもあったし、催し物には必ず着物を着ていた。しかし私が中学へ上がる前から父の営む事業が傾いてからは、パートに明け暮れてそれどころではなくなってしまったが。

 

中高生の多感な時期、家の中は殺伐としていた。父は行き詰った事業を立て直すこともたたむことも出来ずのらりくらりと家に居座り、母は盆も正月も朝から晩まで働いていた。

私は父を忌み嫌ったり憎む以外に出来ることを考えもせず、呑気に高校生活を送っていた。掃除も洗濯も母任せだったし、たまに食事を作る程度。臆病故に悪いことはしないというだけで何の役にも立たない、自虐的な表現だとしても「父同様のごくつぶし」だった。

 

 

さて、成人の日の話だった(笑)。

当然友人の間でも成人式の話がちらほら出ていた。勿論振り袖含めてその日の晴れ着についても。わたしは家の財政もあり晴れ着のことなど頭の片隅にもなかった。成人式のなんたるかもピンと来ないし、本当に何にも考えてなかった。

 

ただ、母は違ったんだろう。時期は覚えていないけれど私を某呉服センターへ連れて行った。

 

へ?まさか買ってくれる気でいるの??

 

世間ではもう晴れ着選びも終盤、売れ残りが山積みになるような店内だったと思う。全然好みのものが見つからない。ていうか、どれをとっても到底「そんな金ないわ」と思える値札がついていた。(当時はなんていうか、色も柄も奇抜なものが多かった。現代柄って言うのだろうか。値段もよく知らないけどバブル期ってやつのせいだったからなのかすごかった。)

 

そもそもこんなものに金を出している場合じゃなかろう、それともいいのがあったらまさか買ってくれるの?いや買えるわけ?

 

私は気持ちの整理がつかず、「いらない」としっかり言えばいいのか、「買ってくれるなら欲しい」のか、自分でもよく分からなかった。

そしてその日、母は美しい帯締めを手にした。ただ手持ちの現金が足りず私に「あんたお金持ってる?貸して。」と…。「えっ?」「帯はな、ええのがあんねん。その帯にこれは合う」と。

私は大混乱に陥る。

 

振り袖買うの?

いや買えないよね、あたしにお金借りるとかなにそれ??

じゃこの帯締めなに???

いや振り袖買ってくれたとして、あたしいつ着るの????

いやいやいらなくない?????

 

目の当たりにした相場に母は打ち砕かれたのだろうか、しばらく何にも言わなくなった。私はというと、そわそわしていたけれど。

 

あんなの見せられて、やっぱり買わないとか肩透かしもええとこやん?

買わないんやったら連れてかなかったら良かったやん?

 

なんだろ、「何か買ってもらえるかもっていう期待」って自分の強欲を知る様で認めたくないものだな若さゆえの…

 

母は。

しかして。

諦めていなかった。

着物フリークの母は。

 

 

しばらくして突如某デパートの上階に連れて行かれた。そこは「質流市」という催事場だった。そしてその時の記憶があまりないのだが、とにかく母と私が「これがすごくいい」という品を見つけたのだ。その値札を見てないと思うけど、後日配送着払いで玄関に出た私はその値段をその時知ってしまった。(呉服センターのどうもないもんの半分以下、それでも当時の我が家には大金)

なんていうか、うちにこんなお金あったんかという驚き、申し訳ない有難い困った、複雑すぎて心はパンク状態。家中の小銭までかき集めるように支払っていた気がする。まぁこれも「気がする」だけで記憶が薄いんだけど。

 

私は先にも書いたが「成人式」の意義が分からなかったし、昔の友人たち(?)と会う気もなかったし、とりあえず参加したいと思わなかったので「写真を撮ろう」という話になった。

かかる費用について思案した結果、「帯が無理や」と言う母を押して、ふたりで協力して着付けることに、髪は美容院へ、成人式当日はバイトするから平日の人の少ない日に撮影することと相成った。

そしてその日まで毎日帯の練習をした。ていうか、母が練習したんだけど(笑)

 

柄が真ん中に出ないーー

あっちが短いーー

こっちが短いーー

ずってくるーー(*ずれて落ちるの意)…

 

パジャマの上から何度も何度も帯を結っては解いた。ふたりとも大笑いした。屈託なく笑った。誤解も苛立ちも腹立ちもなかった。

1週間とか10日くらいだったろうか。
後から思うにつけ、私にとってこの時間は幸せだった。(なお母はまだ生きてる)

 

私は年頃なりの漠然とした不安や悩みや苦しみを、友人はもとより親と共有した事がない。でもそんな人は幾らでもいると思う。

過度な期待をされ、弱みを見せられない性格を親に分かってもらえずに育った人もいるだろう。

そんな色々を拗らせて親との関係に悩む大人も多いだろう。

私はその1人というだけだ。

 

 

書きながら思ったけど、今の自分のあらゆる事への至らなさに、親を関連づけるのは無意味だ。

仲良し家族だろうと過保護な親だろうと放任だろうと、いずれひとりの成人となって全ての責を負うのは自分であることは皆同じだ。

辛かったことや幸せだったことは天秤にかけるものではない。それは単に重ねてきた時であって、自分の心を育てたり、社会に出て人として歩き続けるために必要なのは自分のチカラだ。

(もちろん深刻なDVやネグレクトなどの社会問題は別の話。)

親の老い先が見える最近、私は親を嫌ったり恨んだりする事に疲れたなと感じる様になった。私自身も歳を重ね、やっと本当の大人としての自立が出来始めたのかもしれない。

 

成人の日から30年も過ぎたけど。 

書き忘れた感想 映画「鋼の錬金術師」

 

bionic-giko.hatenablog.jp

昨日アップしたブログ、ついつい俳優さんについてばかり書いてしまいましたが、かなり良かったのが衣装、軍服のデザインです。

 

原作漫画の方はどうなのかとググってみたんですけど、忠実に再現している様ですが、おそらくそれぞれの俳優さん用にオーダーメイドし、かつ映像化することで動きの出る分、とても優雅で美しく見えました。

 

漫画だとだぶついた裾の多くをブーツにインしているパンツ部分は、映画版はほとんど見えません。またスカート部分が前身頃の両脇まで覆いますが、後ろ身頃にたっぷりと生地が使われたフレアデザインに見えます。が、おそらく動きやすくするために深いスリットが入っていて非常に生地の動きが良く、また俳優さんが揃って素晴らしいスタイルなのでその様に見えるのでしょうか。上半身はコンパクトに身体にぴたりと沿い、ウエストから後ろスカートがひるがえる様が本当に美しい。

身体のライン、動きが本当に美しく表現出来た衣装だと思いました。

 

これをディーン・フジオカさん、蓮佛美沙子さん、佐藤隆太さんが見事に着こなしていて(小日向さんもだよ)惚れ惚れします。

 

生地をたくさん使うほど服は重くなります。なのであのデザインを見て「軍服には向かなそうかなぁ」と思いましたが、ひるがえる裾を見るだけでうっとり…この際機能とかどうでもええ…とか思ってました(笑)

マスタング大佐が着ている外套もこれはもう確実にAラインを超えたフレアデザインで更に萌えましたね。

映画を観てこんなに衣装に惹かれたのはもしかしたら初めてかも。

 

f:id:bionic_giko:20171225143301j:image 

 

 

印象的だったので覚えているのは「秘密 THE TOP SECRET」(あれ?ブログ書いてないwイケメンを愛でるには良い映画だったけど評価は割りと…*1。かなり奇抜なデザインで気にはなりました。本当になかなか見たことない独特なものがあって「近未来を意識したのかなぁ?」とか思った程度です。

 

 

 

 

映画「鋼の錬金術師」

とりあえず原作は読んでなくて、アニメの最初の2話程度観ただけなんだけど、なんで観ようかと思ったのか思い出せないけど、結果的に大変面白かったです。

(ちょっと寝たけど(國村さんの辺り)、特に筋書きに差し障りもなく楽しめて結果オーライ。なんなら目覚めてすぐに目に入って来た國村さんの死に様の演技が作品に不似合いなほど上手くて感動したり←)

 

とりあえずポップコーン野郎多勢は想定内、でも「一体何をしてるん?」ていうくらい延々とガサガサ音立てるのが左上にいるし、上映中にスマホの呼び出し鳴り出してレリゴー♫とバイブ音が長々と響き渡ってたり。ここまでマナーもへったくれもないシアターだとむしろ清々しいwww

うっかり観てしまった「アオハライド」で女子高生数人が自宅でたむろっておしゃべりしてる雰囲気醸し出してる時に比べたらなんともない!w

もうジャンルだと思う。そういう客層のジャンル。

 

えっと。

ディーン・フジオカさんと松雪泰子さんはCGですよね?」ていうくらい美しかった。ビックリした。薄々知ってたけど、あらためて「松雪泰子さんはホムンクルスだよね?永遠に変わることなく生きるんでしょ?」て一緒に行った友達と確認しました正解。

ディーンさんもあれでしょ?陶器で出来てるんでしょ?ディーンさんは「腹立つけど、なんでか腹立つけどかっちょ良すぎてどうしても見てしまう」ていうくらい好きです。ほんと好きです。なんでか、なんか腹立つんですけど。

ディーンさんの部下の中尉役、蓮佛美沙子さんがですね、私、あの俳優さんがドラマなんかで出始めた時に「この子ってどこがええん?」て疑問に毎度ぶつかってたのです。が、今回良かったです!金髪をアップにしたスタイルも軍服も本当に良く似合ってました。なんとなく顔の作りが最新型の「アンドロイド」な感じ。感情を出さない役柄だったせいもあるのだろうけど、凛々しくてほんとに素敵でした。

 

山田くん…

 

あ、大泉洋さん!これまた死に様が良かったぁ。マッドサイエンティストの役柄、あの人の素のクセの強さのせいで不気味ってより笑えてしまう。しかも殴られたシーンでの怪我の特殊メイクがなぜか雑!「ええっ!?」て目が離せませんでした。大泉洋さんだからなんですかね…いやまさか?あの方、この状況で大丈夫なんですかね(笑)クセが強いん…(r

 

あと登場からすぐに「悪者に違いない」感を醸し出す小日向文世さんね。もう「優しそうな人が怖い・悪い」って言うのは小日向さんはやり尽くしてるし、安定でした。

 

佐藤隆太さんとかも…

 

もうね。なんちゅうか、脇が固すぎて良い映画になったんでしょうかね、ていう話になって来ちゃってます。ほんと脇の良さが存分に味わえました。豪華俳優陣!

 

…はい。

ええ。

 

 

山田涼介くん。

私嫌いじゃないと言うより楽しみしてる方ですん。今回も当たり役だよねーって前評判も聞いたし、私自身も「ああ合いそうな…」て思ってました。だからこそ観ようと思ったんだと思います。(あとアニメの1〜2話でも「なかなか面白い」て感じた記憶があったし)

 

…(結局触れないんかーーい)

 

すみません。

主人公エドの性格がタイプじゃないんですね、わたし。多分きっと。そういうことに。

f:id:bionic_giko:20171224183647j:image

 

 

追記

友達との約束が公開日から4週間目の土曜日。滑り出しは当然すごい観客動員数でした。2週目も3週間目もまだ順位下げつつもランキングに入ってました。何が焦ったって、4週間目って世の中クリスマスイブイブじゃないですか。しかも「スターウォーズ 」最新作の公開日ですよ!

もうクリスマスなんか特別でもなんでもないお年頃のわたし、SWを一作も観たことがないわたし、完全にスルーしてました…。いい時間にやってるシアターがほとんど見当たらない!!ムビチケは購入済み!!久しぶりの友達との再会!!ほんとにハラハラしました。

観たい映画は早めに劇場へ行こうね。

椎名林檎「華麗なる逆襲」を歌ってみる!

いや、カラオケ動画とかアップしませんですよ、安心してください(笑)

 

sp.universal-music.co.jp

先行で動画サイトにアップされた「人生は夢だらけ」はもうお風呂で歌いまくって脳内に刷り込まれた。アップテンポの三拍子、盛大なラッパ隊、かわいくて楽しくなる楽曲。これが脳内無限ループ。

林檎さんは様々な媒体でインタビューを受けていて、いくつか読んだり聞いたりしたのだけど、この曲については「家事をしながら女性に鼻歌を歌う感じで聴いてもらいたい」って言ってて、ああ、もうそれ家事関係なくそうなってるわー、まんまとだわーって笑っちゃった。

 

そして予約してたアルバムが届いてからはシャッフルでガンガン聴きまくってる。

それぞれの楽曲についてのレビューは特に書かないし、提供されたアーチストがどう歌っていたのかなど気になるところだけどそれはまた落ち着いてから追いかけてみようと思って…。(「名うての泥棒猫」だけは既に石川さゆりバージョンでカラオケリストに入ってたw)

 

さて、「華麗なる逆襲」のイントロからズバッと光るこのカッコよさ。「おとなの掟」同様英語歌詞に書き換えられてた!

林檎さんの英語力は分からないんだけど、日本語で歌う時と明らかに発声が違うのでいつも戸惑う。なんていうか喉を絞るというか、声帯をわざと擦らせてはすっぱな感じになる…個人的な感想だけど。

その分日本語より明らかに多いワードが滑るように溢れて来るのかも。これは真似できない。この声で歌おうとすると喉がキツイし腹式も怪しくなるし。

にしても英語歌詞はとにかく多い、言葉が。腹式呼吸とか発声方法なんて意識してられない。日本語の奥深さを思い知るょ…。

 

SMAPに提供された日本語バージョンを聴きたかったのだけど、それは天下のジャニーズ、動画サイトに出てるわけもなく。テレビからの転載散見するも別の楽曲とか、ダンスのスクラップ的なものばかり。…て、いや今ググったらあった!…映像は荒くていいや、口パクで歌詞やメロディが聴きやすいぞw

www.dailymotion.com

 

なるほど、林檎バージョンでもほとんどアレンジ変えてないんだなー。オーケストレーション豪華だなー…

(今日のラジオ対談ではご本人が、「アーチストがかけた魔法によって独り歩きしている歌詞をいじり難かった、制作者として『オリジナルはこんななんですよ』というのをストレートに伝えたかった」と仰ってた。なるほどぉ。)

 

ほーー

日本語、ほーーーーーー…

やっぱり歌いやすそうだし楽しそう。日本語でも練習してみよっかな…←イマ

 

でも、英語詞もまた楽しい。早口言葉みたい(笑)。頭に入れるよりまず口で発音するまでもんのすごい練習しないとなんない。

一昨日、長時間電車に乗っていたので、車内でひたすら耳から入れて発声せずに口だけ動かして歌ってた。息は出してたのでもしかしたら周囲に「なんか早口でささやいてる気持ち悪いババアがいる」って思われてたかもしんない。(ちなみに当然歌詞はスマホとか紙ベースで見ながらだけど)

ひとつのセンテンスが結構長くて、ワード毎も次のセンテンスへの隙間も短くって息継ぎが難しい。結構な肺活量が必要。終いには喉がカラカラになってひりついてた。声出してないのに!ひたすら口を開けて呼吸してるんだな…。

何が正しいのか分からないけど、わたしは英語の曲はまずメロディとワードのハマり方を耳で捉えてく。

その後追ってた文字を何度も何度も検証する。発音しきれないワードが多いからだ。どこを繋げてどこを端折ってるか、歌詞にはあるけど発音してないのは、重要なのは、アクセントは、などなど…。

 

そんなこんなで、まだまだひとりで歌えるようになるには努力が必要。

こんな難曲は課題曲になんてとんでもない話で、せいぜいヒトカラとかの範疇だけど、一生懸命になれるのは好きだからだし楽しい。(とはいえ、どうしても出来ない部分を先生に相談できるのがレッスンに通うメリット!)

 

しばらくは四苦八苦だなー…なははは