ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

最近何観てたっけかな…?久しぶりに振り返る備忘録的④

一昨日レイトショーで観た「ボヘミアン・ラプソディ」は別に書こうと思いますが書けるかどうかは不明です。

予告編や公式ツイッターや観賞者の感想で何度も何度も泣いてしまって、もう号泣必至の状態で観に行ったんだけどちょっと思い込み激し過ぎた。って言ったって涙腺バカは泣くんだけどさ。

とにかく「QUEEN」知らない方も十分に楽しめます。そしてサントラうっかり買ってしまうくらいには好きになるんじゃないかなー…

皆さん、是非に!!

 

 

「before sunrise」

この三部作について話はよく聴くんだけどその話は良い悪いの色々でいつか観たいなと思ってた。ていう作品はいっぱいあってそのためのアマゾンプライムなんだよね。

まあ当然だけどイーサン・ホークが認識不能レベルで若くてかわいい。お肌ツヤツヤ。それだけで観て良かった。(ちなみにこの女優さんは今もよく知らないのだけど、少なくともこの作品ではいかにも「フランスの子猫ちゃん」みたいなキュートで小難しい魅力的な女の子で、やっぱりすごく良かった)

もちろん、映画自体の内容もとても良かった。

自分も若い時ってこんな風にめんどくさい部分が大きくて、それについてうんざりされたり自分でも嘆いたり、しかしそれに酔ったりもしてて…て、書いててもめんどくさいな。残念ながらこんな歳になってもこういう部分がきっちり残っていて、生きるのに本当に色々な支障が出てる。

終わり方が良くて、そしてこれが10年ごとの続編に繋がっていると思うと暗い気持ちになりつつ期待にドキドキして楽しみな気持ちもある。

いい結果になるのかな…

f:id:bionic_giko:20181113144405j:plain

 

f:id:bionic_giko:20181113144601j:plain

 

「before sunset」

ああやはり暗い気持ちに(笑)。

そう、人間は結局本質的な部分はそう変わらないし、それが良くも悪くもある。2人ともとても生きづらそうだ…。ここまでめんどくさいと病気になりそうだ。残念ながら私はとっくになった。

そう考えるとつまり、この10年後もそんなにハッピーじゃないかもしれない。それでも見届けたい気がする。んーそうか、これ同世代の男女の話なんだな…自分は軽率な男と出逢ってしまい軽率に結婚に至ってしまって、チクショウ(笑)

またもや期待と暗澹たる気分が混じりつつ次回作を…と思ったらまだ配信されてなかった。んああああーーっ

 

 

クリーピー 偽りの隣人」

香川照之観察日記として観ればおもしろい』っていうレビューに1票。

公開当時はかなり観たいと思ってた。でも私はどうも邦画を劇場で観るのはハードルが高い。てことで見つけてすぐに鑑賞。思った通り雑な心理描写で事件にまったく深みがない。犯人の背景や行動の原理に触れないし、全ての登場人物についての描き方が希薄で本当に不完全燃焼。とても興味深い人物たちのはずなのに…ああモヤモヤする。

残念だけど俳優の無駄遣いって思う作品だった。原作はどうなんだろう。ほんとに邦画はそういうのが多い。絶望的に多い。

で、先のレビューを見てなるほどと。香川氏本人じゃなくてサイコパスの演技っていうか。全ての行動の異常性について何も触れられないため、その異常な演技がものすごく滑稽に見える。香川氏の笑顔、衝動性、怒り、諦め…。見どころって言えばもうそれしかない。

なんだけど、画像いいのないかなってググってたらこの方のツイート(連投なので全部読むといいと思います)に感服。あの映画でここまで掘り下げられるってすごいなぁと。私ごときは「香川氏恐るべし」程度だもの…。

 

 

震える舌

ツイッターのトレンドだっけ?とにくTLに上がって来たんで。

昭和の、このカラーがちょっと褪せてる感じの時代の色んなことが興味深く面白い。自分もこういう時代に育ってきたんだけど、こうして映像で観せてもらえると客観的に甦って非常に面白かった。ちょっと前のめって観てしまうくらい。

特に、幼少だからこそ見えていなかった大人たちの言動の意味や姿は新鮮だった。

渡瀬恒彦と十朱幸代演ずる若い夫婦の可愛らしく微笑ましいシーンがいくつも出て来る。何回も巻き戻したりしちゃうくらい魅力的だった。この時代の洋画ならよく観たけど、邦画は多分初めてかも(寅さんは観てたけどあんなんほぼファンタジーやん)。それだけに新鮮だったのかな。

子育て経験者にはかなりショッキングらしい。確かに子供の闘病は観てて辛い、あの時代の医療体制も相まって怖いのも分かる、「うわぁ」とか「おいおい…」ってなっちゃう。それも含めて観せる映画だなぁとは思った。

「なぜホラー映画仕立てにしたし」というツイも見かけた。私は医療ドラマだったり家族愛や夫婦愛、親子愛のドラマだったりも感じて、もうちょっと絞って欲しかったぁなくらいで結構集中して観れたなー。

 

APPLE SEED」「EX MACHINA -エクスマキナ-」(劇場版)

へぇ続編もあったんだぁ?って中古DVDを2本思わず買っちゃったw

当時「ん?」て気になったヤツ。劇場に足を運ぶまではちょっと?みたいな弱さあった。1995年に発表された漫画は士郎正宗氏のメジャーデビュー作品だったんだねー。劇場版はそれからおよそ10年後に公開。CMかな?動画はまだそんな広まってない時期だよね、でもアニヲタのアンテナには引っ掛かってたわけ。って言いいつつ、結局そこから更に15年後にやっと観たっていうね。

この歳になると10年15年なんてついこないだの話なのだわ。

エクスマキナなんかジョン・ウー監督よ?白い鳩出しちゃうよ?しばらく半笑いで観てたわー(笑)だってちゃんと物語のなかの小道具としてだよ?イメージ画像の装飾じゃなくてよ?びっくりして笑うわー…(笑)

総じて面白かったけど、何度も観たいからって手元に残す気になるほどでもなかったので、またBOOK・OFFのお世話になります!

bionic-giko.hatenablog.jp

 

アマプラもそうだけど、続き物を一気に観れるっていうのは本当にありがたいなぁ。

映画「ヒート」〜超絶良いので観て欲しい

95年でも全然かっこいいのヤダもう。ポケベルとか公衆電話なのにかっこいいの、わかる?アルパチーノにデニーロがギラギラなのに愛しい… はぁやっぱマイアミバイス好きには堪らんよねぇ、震 ふー…

あああマイケルマンすげぇええやっぱすげぇ好き過ぎるぅ。あと今さらアルパチーノに心臓ギュインギュインしたし、涙腺バカガンガン発動したし、サントラが控えめに言ってサイコーだし、なんならフィルコリンズなんで書かせなかったしっていう。 どうしよう、全オレ史上最高のかっちょええ映画かも

 

 

3時間弱もある長さって知らなくて観始めてしまったんだけど、超絶良くてばぁああってツイートしてました。

マイケル・マン監督は、私の大好きな刑事ドラマテレビシリーズ「マイアミ・バイス」の製作・監督を手掛けた人。犯罪者と事件に関わる警官の人としてのドラマを熱く表現してくれる。

f:id:bionic_giko:20170126102512j:plain
f:id:bionic_giko:20170126102459j:plain
この、このカッコよさよ!マイアミ・バイス

何年か前に「マイアミ・バイス」映画版を作ってたけど役者に思い入れがあったので新キャストは興味が湧きませんでした。ていうかドン・ジョンソンが好きすぎてほとんどマン監督に注目できてなかったです。遡ると気になってた作品がいっぱいあって、トムクルだから~って観た「コラテラル」の雰囲気!そうだ、あの冷たくも熱い夜の街の表情はマン監督らしいことに気付いたり…。

まあ、「コラテラル」に関しては冷酷非道な犯罪者の容赦ないクライムものだった気がするけど、どうだっけかなちょっと気になるのでウォッチリストに入ってることだし観なおそうと思います。↓頑張った結果

bionic-giko.hatenablog.jp

今作はその何年も何年もずーっと前に作られてました(知らんかった)。マン監督はこれが描きたくていくらやっても尽きないんだろうなと思わせてくれるハードな長編映画でした。

 

さて、今や私の中で”怖いけどかわいい笑顔のおじいちゃん”のロバート・デニーロ*1と、名前しか知らず作品は多分一つも観てないアル・パチーノとの共演。往年の大俳優じゃないか、すげぇな…ハードそうだな…と。

 

ほんとすげかったです。

問題は私の脳内の外人認識システム。別に似てないことは分かっているんですけど、外人がアジア人の顔を認識できないように、私も見慣れない外人は識別が困難デス。もう許してほしい。誰にってわけじゃないけどほんと、どうしても見慣れるまで「誰っ?これ味方?」てなる…泣。

デニーロとパチーノで!!!

どこが似てるって、多分似てない!ただ黒髪、黒い瞳、身長ちっさめ、黒ずくめスーツ!渋メン…

え?普通に似てない?…見慣れてないともうあかんやん…?

f:id:bionic_giko:20181009111453j:plain

 

今気付いたけど髭…w

乱暴で罵声が飛び交うヤクザやマフィアの応酬映画はすごく苦手で、それゆえにほぼ観てないです。パチーノやデニーロの出世作は「ゴッド・ファーザー」シリーズだろうことは知ってるのですが、未見のままです。(家人が好きでシリーズ全巻が家にあると思う)

 

冒頭は特に、強盗団のリーダーとしてデニーロ、事件捜査担当のリーダーとしてパチーノの個々にそれらしいシーンが入れ替わりながら進みます。場面がくるっと変わると「ん?どっちの話?」てなってました。しかも2人が並ぶシーンがないです。比較不可能!どちらかのドラマが進み、もう一方のドラマも同時に進むという手法でした。

仲間や家族を含めて、犯罪集団と警察官の生活が全く別世界で進行してるのに、なぜかそれぞれの心情や姿は苦渋に満ち、孤独に震えている様に見えます。

物語としてもこの2人は対象的な位置付けであるものの、志と信念に生き、人を寄せつけず休める場所もない、同じ様な孤高の人間として描かれています。善悪の対極にいながら鏡に映したようなふたりの人間像。

それ故か、善人と悪人の違い、その境が曖昧になります。

 

いつしか殺伐としたやりきれないような暴力事件の渦中で、お互いの存在を強く感じるように…(その辺りになるとちゃんと判別できてるよぅ!!)

 

彼らは孤独の中でも、安全に完遂すること、その中で守りたい情や正義を追究しています。上手く行っても行かなくても、彼らの守りたいもの、求めるものはそれです。突き詰めるが故に周囲の人間が追いつけなくなり、孤独は深まりますが、それでも彼らはそこから降りることをしません。できないのか…いや、望んでそこに居続けるのです。

 

マイアミ・バイス」の1話完結ドラマでも、そういう空気があります。暴力や悪意、犯罪にまみれた世界で必死にバイス達が守ろうとしてるもの、それは人として決して譲れない、壊されない、どんなに悲惨な結末になっても目指すところはいつもそれで、自分たちは決して折れないし悪意に迎合したりもしないんだっていう。泣きそうになるほどに絶望の中にあっても。

 

マン監督ってこれが好きなんだろうなぁって思ったところです。

 

強盗団と警察の街なかでの銃撃戦シーンはマニア必見と言う方がおられました。まーほんと長いです。映画(アニメ・ドラマ含め)あるあるですけど、"どんだけ犯人に当たらんのや、なんで車を盾にしてるのにそんなにやられるんや"…そんだけ犯人の装備がすごいんでしょうねきっと。

 

「ツーショットシーンがないのは、実は二人は仲が悪くて上手いこと加工してるんやろ」なんて噂もあったそうですが、メイキングにはこんなのが。左がマン監督ですね、若い。いやみんな若い。

f:id:bionic_giko:20181009112039j:plain

ていうかそういう役者のプライベートがどうとかって要らん話ですよね。私は作品が良ければいいっす。

 

結局のところ、ロバート・デニーロが好きだけど、アル・パチーノもいいんだなぁと後から後からじわじわ来てます。いや、このヴィンセント警部補が惚れるくらいいいんだけど。デニーロは結局犯罪者なんだよね。完璧な犯罪の中に情を滲ませて破滅の危機に陥り、一人の女性の人生をも振り回す。

熱に浮かされて善悪の境が曖昧になってたけど、やっぱり正義に勝って欲しいし口が悪くて乱暴者でもヴィンセントが好き…

結局、やっぱりマン監督はそういうことを描くんだなぁって思いました。

 

しかしながらこの2人の孤独と葛藤は胸掻きむしられるほど魅力的なのでとにかくこの映画、サイコー…

*1:

f:id:bionic_giko:20181009160014j:plain

↑これなの。見てこの好々爺っぷり。

あと記憶にあるのは2年くらい前に観た「タクシードライバー」のキレッキレのギラッギラなやつだし、それ40年前の映画だし。

映画「コラテラル」~マイケル・マン監督良き…

2004年公開だって…もう15年近く前なのか。

当時ちゃんと劇場で観たのだけど、

"トム・クルーズ、白髪にして渋く非情な殺し屋に挑戦!これまでのイメージを払拭する悪役!"

みたいな謳い文句しか思い出せなかった。先日「ヒート」を観てチョー感動して、マイケル・マンの監督だったと今更ながら知って、再度観賞。(amazon primeで飛びついたんだけど悲しいかな吹替えだった…ぅぅ)

 

(「ヒート」のブログを鼻息荒く書いてたんだけど全然まとまらなくなってイマココ)

f:id:bionic_giko:20181013094038j:plain

 

やっぱり全力疾走するし無謀な行動もする…しかも非情と言いつつなにげに心があってイメージ払拭できてないよトムさん…。

尚、逃走した標的を追いかけるためにガラスを椅子でぶち破って飛び出す時にちょっとコケるの。臨場感を出すために敢えてそのテイクを使ったのだと思うけど、「ふふ」ってなっちゃう私、悪いです(笑)

 

一夜の出来事なので、全部夜の風景。店の灯り、街路灯、ビルの灯り、人の息、暗いのに熱がある雰囲気はマン監督の得意なところ。

「都会には人情がない」と抑揚のない口調(吹替だけど)でタクシー運転手に語る。「情」を強く意識しながらも「非情」な仕事を遂行しようとする殺し屋。

言葉にほだされ、恐ろしい所業の片棒を担がされるタクシー運転手。心の底から震えあがるのに、どうしても殺し屋の言葉に心を掴まれてしまう。

 

悪人と善人のあらゆる葛藤を描くのがマン監督は好き。その世界が私も好き。

 

対極にある心同士がなぜか交錯して境が曖昧になる。人の心がどちらに振れるか究極の場で試される。結果が全てだけれど、そこにあった心にも嘘がない。もどかしく苦しい結末だ。

マン監督はバッドエンドの中にこういうもやもやをいつも残す。無残に命が散っても、心が目指す高みは消えないのだと思わせる。正しいことは正しい。その通りに生きられない人の中にも「正しさ」がある。

 

 

……

 

 

 

ポエムか!!!!

 

とにかく「ヒート」が良いから観て!

f:id:bionic_giko:20181009111453j:plain

 

でもマイケル・マン監督は「マイアミ・バイス」が一番だから観て!!!

f:id:bionic_giko:20170126102459j:plain

 

 

関ジャム~「カラオケにおける難曲とは」的なやつ

昨夜、半分寝ながら観てた(最近、眠剤のタイミングでどうも眠気が勝ってしまう…)関ジャム。瞬き1回すると曲が変わってるし、気付いたら大倉くんが歌うところで、その次はサビで、そして終わった…ははは。

 

こういうのがあるので便利な世の中だよね~。

関ジャム 完全燃SHOW 10月14日 181014 動画高画質 今すぐ見る

 

「カラオケにおける難曲とは」的な話でした。

歌についてはボイトレに通って泣いているので今さら…という感覚でしたし、「そうですよねー」としか感想はないんですけど。プロミュージシャンが歌って見せてくれてもどこかピンと来ないと思います。だって上手いし(笑)

 

カラオケに行きたい人の原動力は「上手く歌いたい」よりも「とにかく好きな歌を歌いたい」だけの欲求だと思うので、番組で事細かに説明されて「ああ、自分はこんな風にダメだったかも」とか思う人はそんなにいないのかなぁ?って。思っても改善しょうっていう気持ちはなかなかならないし、あってもすぐに上手く行かなくなって「まいっか!」てまた気持ち良く歌うことに専念すると思います。

 

それでいいんですよー。

カラオケなんて自分がスッキリしたくて行くものですからー。

誰かに聞かせたい気持ちもあるかもしんないけど、聞いた方も軽率に「上手いー!」て褒めたり、なんていうかそういう軽率なことですよ「カラオケで歌う」ってね。

 

 

どんどん書いてたら、どこかの誰かをdisる雰囲気になっててdelete。自粛自粛(笑)

 

私は私で、ボイトレもうちょっと頑張ろって思ってます。

俯瞰で自分が上手くなってるのかは不明なままなもので、どうモチベーションを保つかに右往左往してます。で、カラオケはボイトレとはまた別の楽しみ(軽率な)方です。

 

映画「死霊館のシスター」ホラー映画大好き~他もろもろ備忘録的③

そろそろ鑑賞したものを記録しておかないとダメだ、ということで久しぶりに書きます。観るのに熱中していてブログ書く間はない状態。

AmazonPrime、だいーぶ元取ってます。

とにかく思い出しつつこのひと月くらいで観たタイトルを列挙しときます(忘れちゃう)。ついでにさくっと呟いてた感想をそのまま貼っときます(忘れちゃってる)。ツイートしてないのはそんなでもなかったんかと。思い出したら入れときます(笑)

 

「ダブリンの街角で」

(呟いてない)意外にもハッピーエンドじゃない。けど相変わらず音楽がいい。ダブリン3部作の多分1作目。他2作はシアターで観たけどとりあえず全部ほっこりする。ああそういえばみんなハッピーエンドじゃない。どれも苦しみながら生き方を模索してる途中のお話。そして観た後に必ずなんか楽器弾きたくなるかめっちゃ好きな音楽聴きたくなる。

 

フォレスト・ガンプ

(呟いてない)初めて観たトム・ハンクス主演映画。長い。アメリカ近代史絵巻みたいな。とにかく長い。観なくてもよかった気すらする。時間泥棒か。

 

アリスのままで

(呟いてない…あれ?)ジュリアン・ムーアはキレッキレの「キングスマン・ゴールデンサークル」で楽しんだけど、好き。「羊たちの沈黙」の続編の時から注目してて、固定しないイメージすごい。「メイジーの瞳」のミュージシャンダメ母とか。今作は優しいけどダメ夫のアレックス・ボールドウィンに空しく笑う。

 

「ファーゴ」

やっと観た。ずっと観たかったのサイコー。 コーエン兄弟サイコー。 「スリービルボード」のフランシス・マクドーマンド、若い時可愛いし若いのに味があって。あのなんとなく奇妙な感じ変わらないんだな。何でもない、頭の悪い奴らのロクでもない事件なのに目が離せなかった…

面白い!!これは!!!自分的上位!もう頭悪すぎて意味もない事件なのにもう一回観たくなるw

 

「10クローバーフィールドレーン」

さすがJJエイブラムスだよ面白かった…しかも難しいことが全然ない!防護服が笑えるんだけど、事態は笑えない。緊迫の連続。でも謎の生物との闘いも微妙に唇の端が上がる。 なんなんだよ!てなる(笑)ドキドキもハラハラも怖いも笑いも…

面白かった!!これも!!!!1作目との繋がりを気にしすぎると余計に予想が出来なくて怖い。

 

「スプライズ」(呟いてない)あ、うん。ていう感じ。

「アンフェイスフル」(呟いてない)なかなかいいサスペンス。終わり方も美しき。そしてとにかくダイアン・レイン美しき。

「ポゼッション」(呟いてたけどめいっぱい割愛)歯抜けるのイヤやわぁ。あれは夢に出そう。

「CABIN」

ゾンビ映画興味ないんだけど微妙にレビューが良くて興味。斬新😂ラスト数分まで陰謀の意味が分からないし、なんならファンタジーで続編作れそう😂クリス・ヘムズワースにまさかのシガニー・ウィーバーで笑う。 最後まで頑張るフラン君かわいいし吹替が桜塚やっくんだった、南無ー

 

「ソウ」シリーズ2→4→5→3→6→final

観たと思ってた「ソウ2」を観た。初見でした1作目に比べたらそんなに不条理を感じないしめちゃくちゃ怖いって事なかった…んだけど、昨夜観ながら寝落ちしたら魘されたよね、地味に来るのかな、「因果応報」的な感じが身につまされるのかな←

でもさ?1作目の惨劇の跡が出てきたり、ハエトリ草タイプの仮面のヤツから生還した人がキーパーソンだったり、ちょっと時系列が「?」。そもそも録画とか色々仕込んであるから全作通して見ないとダメか…

よし、シリーズ全部観たろ!思ったら3が見当たらず4に。グロい。大好物なので良いんだけど時系列がややこしくて消化不良。ラスト数分を何度見返してもダメなので良いネタバレでなんとか理解。3と同時進行とか登場人物増えてるとか、ライターさんも「ややこし過ぎ」て書いてた。 つらい。それでも見応え有り。

で、5。 のっけからイタタタあああああwそして面白かったし分かりやすかった!グロさもよし。 とりあえず痛くしたいんだよねぇ、ジグソウ。「殺人はしない」って言うんだよねぇ…

あ、3出た。 5から3に戻るのか。いやもうこれ順番あんま関係なくね?なぁ。ジグソウ死んだか思ってから何度も出てくるやんし。

おー、3はやはり重要やった!そして何となく分かった、4以降の繋がりも何となく分かった。何となくなんだけど…?エグいのんは肋抜くくらいかな? いや、ジグソウの色々が非常に明快だった…んではないか? あとは6とfinalかよ。なげぇ。またジグソウ出てくるやんし?

ソウ6→final、飽きてきたかも…ww歯を抜く…wwwwそもそもジグソウの嫁がどうもあかんのや。 聖母的な存在でイメージ画像的な雰囲気は良かったけど、役者として動かしたら酷かった…酷い… 6は中弛みしつつ観た…微妙にまだあるよねこれ、みたいなw 残るはジグソウ・レガシーのみ。 レガシーww 

全部観なくてもええんちゃうシリーズ。3くらいでいい感じ。グロ好きなので結局全部観ちゃうけど。

 

エスター」

見応えあった。ただダディがあんまりに鈍くて頭悪すぎてそこいら辺めっちゃストレスだったわー、省いて2時間以内にまとめた方がええやん…?なぁ。 女優さん入れ替えてると思うけどすっごい上手い。 兄ちゃんと妹役もかわええ。 いやー良かったわ、睡魔に来ないくらい熱中。

面白かった!観ておいて良かったホラー!お化けじゃないやつ。狂人が正常な振りしてるのも怖いのを思い出した。めっちゃ怖い。何考えてるか分からないのでやり方も想像を絶してて恐怖。

 

 

そして「死霊館のシスター」を劇場で

ここまで怖いグロいエグいのをほぼ毎日観ていたので、もともと好きとは言えビビりつつも耐性がついてきたなぁと思ってましたが、さすが「死霊館」シリーズ。シートで2回くらいはジャンプしたし息も止めたし、薄目、スクリーンから視線をちょっとずらす作戦など、とりあえずびっくりさせられ正しく怖がってきました。(にっこり)

f:id:bionic_giko:20180928170842j:image

アイリーンがヴェラ・ファーミガにどことなく似てるなぁ?って思ってたら妹だったりする。21歳も離れてるてことなので親子みたい(一緒には出てこない)。シスターに相応しいみずみずしく清純な雰囲気。

フレンチー役のジョナ・ブロケくんが非常にチャラくてかっちょよいので、近いうちにクライム系とかでのし上がって来て欲しい。恋愛ものでも映えそうだけど、スーツ姿でキリッと拳銃構えてもらいたい派。

 

…言うて放置してたら2週間経過してたww

もう何が良かったのか記憶が怪しくなってしまった…←

 

朽ちた修道院、自殺、生き埋めになったひとびとの墓、村人にふりかかる災難(呪い)、悪魔祓い、キリストの血…もうね、怖がらせ要素のオンパレードです。

死霊館シリーズ観てなくてもいいし、時代も関係ないしきっちり怖がらしてくれて、ちょっと後世に不安を残すというやり口。

てことで、シリーズ長くなるのかなぁ…もう「死霊館」ていう邦題をやめて欲しいんだけどなぁ