ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

いつものように春がくることにいつも戸惑う

先日の強い風雨に、咲いたばかりの木蓮がたくさん落ちていたのを見て悲しくなっていた。でも残ったもっとたくさんの花が青い空に白く輝いてる。

木蓮の花の時期をいつも忘れている。3月だ。

 

 

昨夜、急に時間が空いたのでアカデミー作品賞ほか諸々受賞の映画「グリーンブック」を観てきた。週末に予約しようとするといつもプレミアムシートがいっぱいだったのに、レディースデーの午後になっても夕方の回に予約できてラッキーだった。

もっと黒人差別のいわゆる毒々しさのある作品だと思っていたのだけど、もちろんそういう場面はたくさんあったのだけれど、鑑賞後の気持ちがとても優しい。柔らかな時間が淡々と流れて、気付くと自分の中の喜怒哀楽をみんな使って夢中になってあっという間に終わった。終わってしまったことが残念に感じるくらい、とにかく良かった。

序盤で嫌悪しか感じなかったトニーの嫁になりたいっ!!て思いながら帰った。我ながらおかしかった。

f:id:bionic_giko:20190314172222j:image

 

 

数日前から大橋トリオさんファンクラブ会員向けに、ライブ後のMeet&Greetの応募メールが来ていた(なんというのか、ご本人と語り合ったり写真を撮ってもらえる時間、多分だけど)。

抽選に当たりそうなやや小さめホールのチケットはもう譲ってしまった、いやあってもサカナクションのライブに行くから困るんだけども、じゃあNHKホールの方に申し込むかな?いやいやううっん!とか悶々していた。

よく考えたらご本人に会っても恥ずかしいだけだし、ツーショット写真撮られてもやっぱり恥ずかしいだけだし、何を悶々としてるんだ私は?と急に気付いて平常心に戻った。

 

 

出社前にアレルギー耳鼻科の受付30分前に来て並んだ。出遅れたとはいえ、いつもより列が3倍くらい長い。花粉症最大瞬間風速100m(普通にピークって言えばいいやな)くらいの時期なのだし当たり前だ。私のアレルゲンには植物がなくて、ただただ巻き添えを食らっていることに損した気になってしまう。お薬がちょうど切れるから致し方なし。

受け取った番号札の数字、これはもう3時間コースに決定だった。受付を済ませて出社した。順番はネットで確認できるので近くなったら行けばいいのだ。タイミングを見計らって昼前に会社を出たものの、結局バスがとても遅くて心臓が破けそうに焦ってしまった。

昼休み終了ギリギリで会社に戻る。日課のお昼寝も出来ず、とても疲れたし眠い。

 

もう二度と会わないだろうと思っていた人のことを、何年も何年もずーっと考え続けていた。「また会いましょう」という文字はとても不思議だ。何度も何度も読み返すけれど、胸になかなか落ちてこない。お水を飲めばいいのだろうか。

 

少し冷たい風も、キラキラする陽射しも春だ。

桜は少し早そうですね、この春は。