ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「ある天文学者の恋文」…涙に吞まれない強さ

なかなか逢えないひと、特別なことを共有するひと。自分の人生そのものとも思えるそんな愛しいひとが、自分の知らぬ間にこの世を去ってしまっていた-------------

多分ほんとうによくありそうなネタだけど、上手いこと作ってあったなぁ…と。そもそも涙腺バカにはその話の気配だけで泣けてしまうので、ものすごく一生懸命になって感情移入をせぬよう覚悟を決めて観た。

 

インフルエンザに罹った時のように全身の力が一気に地面に吸い取られる様な苦しさを何度も感じた。

そしていなくなってしまったはずの人から次々とメッセージが届く事態の中、現実が理解できないし実感もない。空洞のようになってしまう主人公に気持ちがどうしても入っりそうになる。若干画面を遠ざけたりした(無意味だ)。

ショックを受けつつ霧の中でもがくかのような彼女の行動力はメッセージと合わさって、彼の死だけでなく自分の人生も受け入れる時間となる原動力になる。その時間は長いのか短いのか分からない。日は暮れ朝は来ているのに、それを数える余裕がない。だから観ている方にもどれだけの日数が経っているのか実感がない。

それにしても、死を覚悟して準備した彼からのメッセージは、全てに愛と知が満ちている。溢れる幸福と寂寥がない交ぜになって、その深さと力強さに物語を追うことをやめられない。

 

実は、冷めた目で見てしまうと若干の気持ち悪さがあったりもする。

周到に準備された大量のメッセージやプレゼントはあまりに頻繁かつとてつもなくタイムリーで、何もかも予見していたというより「どこかで見張られているのでは…?」という感覚に襲われてしまう。ミステリーのジャンルも入ってたりするのはそのせいなのかな。

どうやってそれらを準備し死後も届くようになっているのかは、彼女が必死に手繰り寄せて解明されていく。

やっぱりこれは普通に恋愛映画だと思う。

 

圧倒的な質と量の恋文たちは、喪失の絶望を救うには十分であった。そして生前の関係がいかに崇高で濃密であったかを観ている者に思い知らしめる。

彼が生きて主人公と愛を育むシーンは冒頭のほんのわずかしか描かれていないのに。

 

天文学者には、本当に予知能力があるのかも?本当にそう思ってしまうのだが、まるで彼の病状が同時進行しているかの様にタイミングがずれて行く。その時の彼女はもうほとんどのことを受け入れて、対処する方法を見つけている。

親子ほど歳の離れた優れた学者を骨抜きにするほどに、彼女も聡明なのだ。 

 

途中で何度か突っ伏す勢いで泣いたりしたけど、呑まれないで立て直せた。主人公にも彼女を死後も支える彼にも、そういう力強さがあった。

良い映画だった。

f:id:bionic_giko:20190207092435j:image

 

彼女のあだ名(?)が「カミカゼ」だったりカフェで「グリーンティ(緑茶)」を頼むとか、なぜかちょっと日本を匂わせることが散見される。…特に嬉しくもないし必要とも思わないんだけど、「ん?」て気になる(笑)