ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

関ジャム コーラス特集

www.tv-asahi.co.jp

今回はほんと楽しくて勉強になった。

といっても、「初耳だ!」ていうテクニックではなくって、実際にこう実践してるのかっていう現場を見せていただけたのが一番。

もともと合唱が好きで某交響楽団の合唱団体で歌っていたこともあるし、コーラスは好き。

今通っているボーカルレッスンでも、様々な楽曲に挑戦するときにやはり歌ってるアーチストに寄せていく傾向が自分にはある。簡単に言えば真似っこをして歌に入っていくスタイルなのだ。かといって、ボーカルを習っている以上は自分の個性も見つけたいし試行錯誤。

そういう意味ではもしかしてコーラスに自分は向いてるのでは?と思う。

アーチストの個性を無意識に探って歌を覚えてる。ハモリもユニゾンも聞いてても歌っててもものすごく楽しくて好きだ。何なら先生の歌にバックコーラスを付ける練習をしたいくらい(笑)

ちょっと今度相談してみようかな。

もともと個性もパンチもない自分の声、そういうこともレッスンや練習をしていて徐々に自分が分かってきた。

後ろに回ってメインを引き立てるという歌も覚えていきたい。

 

番組の話に戻ると、加藤いづみってバックコーラスで食ってたのかとちょっと驚いた。特徴のある声なのでコーラスに向いてるのか不思議だったけど、需要があって活躍してるとなると、やはりただ合わせてるだけの歌ではないんだなと思った。

 

ジャムセッション、難易度マックスの「クリスマス・イブ」とは!関ジャニ頑張ったなぁ(笑)(当然実力あるコーラスが3人ついての出来栄えだけど。)

なんなら錦戸君はコーラスに向いてたりするのかも、とか。

丸ちゃんは緊張してたな、ファルセット期待したのだけど頑張って地声張ってた。あえてなのかちょっと気になった。

総じて素晴らしい出来だったよね。

 

 

忙しくて通うのがきつくても、なんとかレッスンには通いたい。目標も迷走してるけど、楽しく歌えることが心身を整えてくれたりするのは実感しているからね。

無理に楽曲を歌えなくても、発声するだけでストレスを発散したりリラックスしたりできるんだもの!

 

 

なんにせよ、歌うっていうのは気持ちが良くて楽しくて最高。