ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

映画「スパイダーマン ホームカミング」

まさか、マイケル・キートンがキャスティングされてる!?

しかも「バードマン」*1の復活から徐々に髪増やして来てるやん!←そこね

いきなりどんっと存在感出してきた瞬間に入り込んでしまいました。えー?間違いかと疑いもありつつ(本当に知らなかったので)、それでも既に前のめりで観てたらなんとまさかの「翼付ける」とか…えええええ!!これは悪役メインキャストじゃないですか!

f:id:bionic_giko:20170817153136j:plain 

バットマン」観たのなんて多分家人の影響。ティム・バートンジャック・ニコルソンでのアメコミ実写化という事で鳴り物入りで実際大ヒットしてたと思います。89年…28年前…震。劇場鑑賞だしなんならバットマングッズなんか買ってた、ははは。映画にそれほど興味もない頃、多分付き合い始めた後の家人となる人に誘われたイベントを楽しんだのだろうと推測しますもうなんも忘れてるねん。(忘れさしてよ、爆笑)。

 

もちろんマイケル・キートンの良さなんかこれっぽっちも分からなかったしむしろ「なにこれイケメンなの?主人公の顔なの?」でした。"ムィィィィッ"ていう歯が生理的にダメだし、山型の眉毛も嫌い!意味不明の化粧したジャック・ニコルソンとかなにそれ?未だにティム・バートンは好きでなくて、まともに観たのは「シザーハンズ」とバットマンシリーズくらいかなぁ。海賊とかチョコレート工場長とか、とりあえずファンタジーもコスプレも全然興味なし…。

そしてマイケル・キートンバットマンで一気に表舞台に出たもののその後誰にも気にされぬまま忘れ去られてしまったのでした…、少なくとも私は完全に忘れてた←

2015年「バードマン」、2016年「スポット・ライト」*2と次々と話題作に出演。「えええええええ??!!」(宮川大輔風でお願いします)てなりますやん。実際アカデミー賞にも輝いて界隈はざわつきましたね。

あまりに色濃い「バットマン」の影。それを利用してスパイダーマンよろしく遠心力ブーメランみたいに表舞台に戻ってきたヒーロー…ではなく名バイプレイヤーとしてのおじさんっ!!私はやっぱり"ぅぃいぃぃぃい"っていうあの歯がイヤ。でも分かりやすい。あ、この歯はマイケル・キートンや!てなる。ランドマーク的な←(?)バイプレイヤーに必須!…あ、まぁ私には。

 

f:id:bionic_giko:20170817152545j:plain

今作の宣材画像と、この「バードマン」の素材の対比はなかなかに興味深いですね。

すっかりマイケル・キートンを語ってしまった…。バカか(最近このフレーズ気に入ってます←バカか)

 

 

はいっ!えーと。トム・ホランド!!

はい!イギリスー!はいー!いいねぇー!

21歳だって。15歳役!!!おっさんにも見えたり14歳にも見えたり。もちろん演技もあるんだろうけど、雰囲気はタロン・エガートンにも似てない事ないかな。ほんとこの英国紳士系大好き。トムはまた「育ちの良さ」の雰囲気があるんだよね。美しい姿勢なのか、髪型のせい?いやでもタロンにはそれないよね。身体の美しさ、バランスもいい。正式発表175cmてあるけど、んー?wほんとかなぁ?w

ちなみにロバートダウニーいい香りの人、ラストシーンで肩を並べるんだけどほぼ一緒。ロバートさんは174cmだそう。もひとつちなみにトム・クルーズは170cm。

おやおやおやー??

頭の大きさや身体の作り、筋肉の作りでバランスが変わるのでスクリーンで観ててもなんともですけど、まあちっさいですね。ハリウッドで170台の身長はなかなか、むしろ目立つし。それはそれで強みなのかな?いや、もうそこに触れてくれるな?(笑)

 

アクション!!

www.youtube.com

はい、これです。これ観てもうゾッコンなりましたので、諦めてください(誰が誰に誰を)。20代にバック宙からの捻ってバク転してる人が近くにいたら、全力でダッシュして川に飛び込んで勢い海に出て溺死します!!!

 

以上!!

 

いやいやいや待って。

魅力的な女子、イスの人

ゼンデイヤが演じるミシェルが良かったです。あの上から見下ろす視線、M女はキュンキュンです。色々おかしいと思われてるかもしれませんが、急加速でまとめようとしてますからそれもあるかもしれませんが、マジです。萌え萌えキュンです。観られてみれば分かります。

男の人はどうなんでしょう?

f:id:bionic_giko:20170819005024j:image

ヒロインの女優さんを調べる時間がありません(観たことある気がしなくもないけどすみません)。

 

冴えないスクールライフに必須なのがオタク仲間。友達。ぼっちオタクには何のチャンスもないという教えのような容赦ない設定ですね。そうじゃなきゃ映画のネタにもしてもらえません。オタクは今すぐに冴えない(出来れば自分より肥えてる)仲間を即刻見つけようって、サイモン・ペッグニック・フロストと肩を組みながら言ってますね(適当)。

万が一ヒーローになったら、そいつがイスの人となって活躍を支えてくれるのです。

 

ロバート・柔軟剤Jr.

すみません、アベンジャーズ一個も観てなくて引き出しすらありません。

 

 

am0:47

起床予定am5:30予定

おやすみなさい!

 

*1:びっくりしたんだけど、「バードマン」についてブログ書いてなかった!!wwあれぇっ?

なんでじゃあ観たんだろうか…予告観る限り「あー相変わらずのお顔おぅ」(震)。お話も奇妙、暴力的だったり…劇中劇や過去や空想が入り乱れる構成な上に、なかなか難解なのです。物語というより観念的に映像を観せてられてる、そんな感じで。正直消化しきれなかった。そしてエドワード・ノートン以外に好きな俳優さんもいない、エマ・ストーンの目鼻がデカすぎるとか…いやもういいよね、ここで感想書いてどうすんのw…

*2: 

bionic-giko.hatenablog.jp

こちらは非常に良かったです。マイケル・キートンも凄く良かったです。ええ。これは本当にいい作品でした。