ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

先生、私に優しくして下さい!!!

扇情的なタイトルにしたけど、猫の話です。

期待した方はお帰り下さい。申し訳ありません。

 

 

猫の病気で病院に行くのはもうやめるもんね!って決めたんですけど。

 

bionic-giko.hatenablog.jp

 

 

その後は波がありつつもそんなものすごく困った事態にもならず、

ベランダでハーネス着けてぼーっとしたり、GWには抜け毛とフケをサッパリ洗ってやったり(めっちゃ悲しい声で鳴く)、とにかく撫でまわしたり一緒に寝たりして、呑気に暮らしてはいたのだけど。

 

 

ここのところ、また嘔吐を繰り返すことが増えてきた。

1度でスッキリしてすぐに食い直すのがデフォだった。病気が発覚して以来、吐くものがなくなってもげぇげぇしている。

胃の中が空っぽになってもなかなか吐き気が止まらないらしい。

ようやく収まる頃にはへとへとになっていて、しばらくぐったりしてしまう。

(いつもだいたい寝そべっているので見かけは同じなんだけど)

猫も辛かろうが、見ている私も激しく辛い。いや断然猫が辛いだろう。

 

人間だって嘔吐にはすごいエネルギーを費やす。

(吐きやすい人は知らないけど、私は人生においてほとんど嘔吐をしない体質なので、大人になって何度か経験した時は本当に怖かったし苦しかった)

 

 

ここ2~3週間観察して分かったこと。

(何故か)週末に酷い嘔吐が始まる。

始まるともうどんなエサも拒否、なんとか食べてもらおうとあれこれ策を練ってやっと口にしたと思ったら数分で全て吐いてしまうという状況に。

2~3日それが繰り返され、空腹と吐き気で不安定な様子が続くが、ある日突然いつものカリカリをガツガツ食べるようになる。

そして一気に通常に戻る。

 

戻るならいいのでは、と楽観的に考えて嘔吐期間は諦めるしかないかなぁと思ってたのだけど。

 

でもつまり、1週間のうち2~3日は辛い状況に見舞われるという事になる。

回復すると食欲も食事量も便の排泄も通常通りになるのだけど、平均すればやはり摂取する量は確実に減っているので、悲しいことに体重が落ちてきた。

当然だ。

 

 

誰からも「でかすぎる!!」と言わしめるわがままバディ、むっちむちのぽよっぽよのウチの猫。

飼い主的には「骨格から言ってこれくらいの体重は標準だろう!骨太なんだ!!ちょっと肥えてた方が何か病気とかになった時に安心なんだよ!!」て気持ちでいた。

そもそも肥満で動けないというバカなレベルではないので)

 

なんならぽってりが自慢だった。

実際今この状況で、もしこの勢いで食欲が減退し続けたら、見る間に体力も失くすことだろうし、やはり「ぽってり正解」と思ってる。

 

 

とはいえ、吐く期間も食べられない状況も長く、猫自身も空腹なのに食べられない自分に混乱し不安定になっている様子…

 

「もう病院には行かないからね!!」と啖呵を切ったけど、検査や手術や通院はしないよって言う意味だよそうだ、そうなんだよ…

 

この吐き気の原因について考えれば、お腹の不調なのか、内臓の異常なのか、血液の異常から来る症状なのか、多分可能性はすごい多いだろう。

どれを調べるのか、どういう検査をするのか、以前よりずっと選択肢が増えて、結果如何での処置の選択肢も膨大になっていくはず。

 

いやいや、まずもう検査はしないのだ。

なので、今は対症療法をお願いしに行くことにしよう。

 

吐き気を止めるための薬を吐いてしまうなら注射だ。

あと私が上手くできないので体温計測してもらって、熱があれば解熱だ。

 

よし。

 

意を決して「もう行かないからね」を反故にする。

猫よ、すまん。

こういうのは想定外というか想定内だ。

食べたいのに食べられないのを何とかする方法はあるかもしんないよ?

1回で済ます様にするから許してくれ。

 

 

てことで、先生、私はこんな時の為に私だけでたまに相談に行って状況をお伝えして、診察料と処方をしてもらっていたんだ!

「今さらなんですかー」とか言わないで、優しくしてね!!!

優しくして下さい!!!

 

 

あとで電話して相談はしなきゃ。