ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

ゲーム社会とかネット社会とか(真面目か)

たまにゲームをあからさまに嫌悪する人がいる。

(まあ大抵ネットでそういうのは袋叩きに合っているけど)

 

私もそういう時期があったけど、今は一概にそんな目くじら立てることないなーって思う。

 

「知り合いの家に行ったら、そこの子供がずーっと下向いてiPadでゲームしてるんだよね、熱中してんの。あれなんで親は注意しないのかね」

 

知人が苦々しい口調で言い出した。

 

「いいんじゃないの、ゲームが楽しいなら。

ゲームが絶対的に子供に悪い影響があるのかどうか、まずやってない私たちが判断すべきじゃないし、
私たちの時代は”テレビっ子”が騒がれたし、遡ればロック音楽とかエレキギターとかもそうでしょ?」

 

なんか知らんけどスラスラと説教みたいな応答をしてしまった。

 

"うわぁ偉そうに言い過ぎた…"
と口から生まれた我が身を呪っていたら、少しの間のあとに

 

「そうか

   (さらなる間)

  なるほど、そうだね」

 

としみじみ頷かれた。

 

あれっ?

あれあれれ?

不愉快になってる?それとも納得した?え?

ああー、あーあーあーーって脳内おろおろの軽いパニックになっている私に

 

「いやそれでね!!あの"うんこドリル"買ってやったの!」

 って。

 

はっ?

 

ああ。あの巷でブームになってアレ?

f:id:bionic_giko:20170605113325j:plain

 

あ!?

それを言いたくて、掴みネタが「ゲームdis」でした?

 

 

 

いやー…

 

ゲームせずにドリルしろって、あなたちょっとなんか違くない…?

という違和感は後から襲ってきた。

 

でも口に出たのはツイッターでも常日頃から"うんこうんこ"言っている私には《うんこドリル》なんて"後から来たやつがなんやねん"やからな」というクソリプ…。



お分かりいただけるだろう、…私、マウント体質クソリプバリバリコミュ障。

相手を不愉快にしてばかりだ、もうすごいイヤ。

ほんとイヤ。

クソリプ連続で相手の言葉を否定することばかり。

もうっもうっこのクズ!クズがっ!

 

 

 

でもさー… 

親戚やら親の友人やらの集いに参加してる小学生が一緒に楽しく会話に参加出来るとは思えないよ。大人同士がワイワイやってたら何にもおもんくないしやる事もなくない?

 

普通に考えてそこにサラッと参加してくる小学生とか、それはそれでイヤ。「お前なに大人の話に入って来てるんだよw」てなるよ。

私自身も、親戚の家で従兄弟不在時の時はだいたいそれで、漫画を貪り読んでた。

 

そんな時のゲーム上等!ゲームがあったらどんなに良かったろうか!

ゲームなぞ夢中になってなんぼのもんじゃ。

片手間に大人の話に相槌でも打たれたらまたそれで腹立つって。

 

そこに「そんなことしてないで、ほれこの(うんこ)ドリルやりなさい!」て言われてみ?

私がその子供だったら仏頂面または呆け顔で受け取って、一瞬でゲームに視線戻してるわ。

 

 

 

…コミュ障な上にオトナコドモお化けだよ…()

 

 

ゲームになんの興味も抱かずに大人になったのだけど、なんの因果か5年間ほどゲームソフト会社で働いたことがある。2000年、あのY2K問題の辺り(笑)

2000年問題 - Wikipedia

たまたま求人情報と業者問わずの希望職種と合ったというだけ。

最後の方は事務以外の仕事、出来ることはなんでもするしかなかった(電卓叩いたり請求書作ったりする仕事のはずだった)面白いことしんどいこと色々あったけど、社内でユーザーサポートやバグ確認のためにゲームをする事態になっていたり…えー

 

 

会社が縮小していく状況において、ゲームに夢中になる仕事をさせてもらえたのはラッキーだったと思う。

その頃ちょうど色々あって心を病んでたしなおさら。

 

 

初めてのゲームショウで戦慄したのが、押し寄せる子供オタクの波。

「未来の子供がこれでは日本終わる」

「これはダメなのでは」

と本当に震えながら異様な光景を見ていた。

皆メガネを掛けていて、なりふり構わず好みのブースに突撃していく。人とぶつかっても気にしない、周りが見えない。でも喧嘩が起こるわけでもない…

心も体も何もかもがゲームへ一直線。

 

私自身が初めて体験する光景と雰囲気、熱に圧倒されて恐怖が湧いたってことですけども。

 

自分はもう子供じゃないし、このまま親になることもないから、多分そう思ったのかも?興味がないから知らなくて、ただ自分の思い描く子供像からかけ離れてて戦慄しただけなんだなと思う。

 

 

まぁもう一回見てもやっぱり怖いと思うと思うけども← 

 

業界自体はあの頃からかなり変化を続けてる。

あの時の制作系の同僚は転職を繰り返しつつ苦労しつつ偉くなり、まだあの中にいる。あの突撃メガネっ子集団の誰かは今、その業界で働いているかもしれない。元同僚が上司かもしれないよね…

 

 

 

もちろん、昨今のスマホゲームが原因の交通事故とかは痛ましい。

「完全に使う方の落ち度。ゲーム元凶とかクソ。」というのも分かるけど、10:0ではないでしょ?とも思う。依存性とか中毒性っていうのは制作側からも遊ぶ側からも感じてたし、1時間が5分程度に感じる"ゲームの異常さ"は結構危うい。

 

 

ま、私は今そんな感じでツイッターしてますけどね。Youtubeでもそんな感じですし、猫の寝顔眺めるのも近い感じです。

大丈夫、ちゃんと仕事してるし…

嘘!眠れてない!

ダメ!!!

 

 

大人が自制心を持たずに扱って

自らの日常生活に支障が出るだけじゃなく、「誰かの命を脅かす」のはゲームに限ったことじゃない。

 

  

 

そんなこんな今夜も眠れないまま深夜になってるリア充ばくh