ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

夫婦のカタチ

”これってみんなどうしてるんだろう?”

そういうことはあまり考えないマイペースな人間のつもりなのですが、この日曜日は本当に「これって…?」とふと疑問になってしまいました。

「ウチはこんな感じ…てことよね。つか私にはこれでなんとかなってるワケだから」と思いつつも。人にはそれぞれのスタイルがあってお互いに満足と不満足を拮抗させつつ存在しているんだろうし。

でも、だよ?

 

”みんなしんどくないのかな?”

 って、その疑問が生じるまでの長い結婚生活について書いていたらアホみたいな文字数になってきて、なんでこんな赤裸々に私的地獄を語ってるのかとアホらしくなって、アホみたいな文をどんどん消しました。

やっぱり「他所は他所、ウチはウチ」…そこにしかオチがなさそうで、1日経過したところで止めるかな…とか(笑)

(尚、今、現在水曜の23時回りました。よくあることです。「ふと思ったこと」が結果的に自分の中で消化できた内容なら公開しなくてもいいし、結論も要らないし、不特定多数の方に問いかけても、ね?個人的な日記とは言え、ね?(笑))

 

f:id:bionic_giko:20170531144038j:plain

※「中年夫婦 後ろ姿 フリー素材」検索結果です

 

「夫婦のカタチは様々だから正解はその数だけある」

今回は冒頭に書いた通り、こんなつまらない話なんですけどね(結局書くんかいっ)。

基本的に日曜は、

午前中から一緒に出掛けたい家人

のんびりと家で過ごしたい私。

 

第1のストレス

土曜の夜に家人が

「明日〇〇行く?」と声を掛けて来ました。

 

第2のストレス

無下に断るのも申し訳ないし… としばらく思案してから

私「…なんかイベントやってるやつ?(人混み確定、絶対イヤ)」

家人「そう、行く?」

 

 第3のストレス 

私「んー…元気だったら」

家人「今日(遠出をして)疲れたから?」

「うん。無理だと思うけど、動けたら行くけど、多分行けないよね、これ…」

 

家人に対して「申し訳ない」と確かに思ってるけどこんな表現では伝わらないし、そもそも汲み取るセンスもない人には、即答一発”NO”で良かったとは思います。

なのでこの会話での第2、第3のストレスはどうやら私自身の苦痛や免罪の表れであり、結果的に自己解決すべきものでした。

 

 

f:id:bionic_giko:20170531145638j:plain

※ウチの猫載せたかっただけ

 

結局私は朝10時くらいに目が覚めてベッドの中でうとうとし、その後猫と一緒にベランダに出てのんびり…。ようやく自室を出たのが11時半。

リビングにのっそりと行って冷蔵庫の残り物を電子レンジに入れながら言いました。

「いい天気だし、ひとりで行って来れば?」

 

第4のストレス

家人「(一緒に)行かないんでしょ?」

私「うん、無理」

不貞腐れて寝転がる家人。ゲンナリする私。期待するのも、気持ちを強く出せず逆に出されて不快になるのも、これまあ性格。第1と第4は、お互いの噛み合わない部分で生じてます。

私は結婚以来「自分がどうしたいか」ということをないがしろにしてました。もともと自覚もなかったんですけど。だからといって「家人という他人」に振り回されていいわけでもなかったようで、経年で辟易していると気付きました。

ん?

ちょっと待て、そういうどっちが悪いとか自己反省とかの話ではないんだっ。

 

 

あ、もしかして「熟年離婚」てこういうことから…?

今の私には、家人と共に暮らしてはいても合わせて行こうという気持ちがないです。観たいテレビや聴きたい音楽、興味のあるものがほぼ一致しないって、合わせる方が無理な話です。

何かに気付いた「疑問」は「不満」に変わる…

「思い返したらずっと我慢してたじゃん!!なんっだよ!やってられっかよ!!」

からの

「もう独りで気楽に好きなように生きたいわ、ワタシ」

という、なるほど「離婚へ走るマダムの誕生」ではないですか!ほぇー。

  

f:id:bionic_giko:20170531143858j:plain

※「中年夫婦 後ろ姿 フリー素材」検索結果です

 

それでも昔は何かと一緒に出掛けてた!

家人は短気と認識してましたし、私について以外にもとにかくなんでもすぐにイラついていました。私はいつも萎縮してました。

それでも若くて浮かれてたんでしょうねっ!「一緒にいることが嬉しかった」という…うぐぐぅうううなんか腹立つぅうううう…

イラつかれるのはもうイヤです。もうさすがに分かりました、私。感情表現速度も行動のタイミングも何もかもが違いすぎます。

f:id:bionic_giko:20170531152757j:plain

※「中年夫婦 後ろ姿 フリー素材」検索結果です

 

でもね、人はみんな違います。それを承知または気付かず、または許せると、恋などして勘違いをし、家族を増やします。

 

ウチが特殊ではないはず、じゃみんなどうしてるんかな?

ある日突然ストレスの袋が爆発しないの?どこかに袋の捨て場所があるの?

それとも私はずっと間違えた結婚を続けてるの?

みんな、家族との色んな違いをどう埋めてるの?

f:id:bionic_giko:20170531151435j:plain

※「中年夫婦 後ろ姿 フリー素材」検索結果です

 

一緒に出掛けるのはイヤ、期待してガッカリされたり不機嫌な態度をこれ見よがしに出されるのもイヤ…

私がいやいやえんなの?

些細だからこそ次第に膨れ上がってストレスを感じる人もいると思うし、全然感じず生きる人もいるでしょう…分かります。

ホントにただそれだけの話でしょうか…?

 

あれれ、やっぱり解決はしてないなぁ。

だからと言って誰かに相談したり誰かの実態を知ったからって、それも無意味だと分かってるし。

 

 

 

…まあいっか。(めんどくさくなってきた)

 

 

 

※今回フリー素材をふんだんに使用してみました。貼ってある画像は猫以外全て検索ワードで出てきたものです。探すと結構面白くて色々ダウンロードしてみました。もうその画像だけでなんか物語が作れそうですw

 

※何度読み返しても、「結婚して良かった話」ってのがないなと。でも「離婚」なんてのも今更考えてません。めんどくさいですし(笑)