読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

「いのちの車窓から」星野源 今朝の通勤から読み始めた

うかつにもジャスティン・ビーバーを聴きながら読み始めてしまった。初ジャスティンなのだ。

読みながら無性に星野源の声が聴きたくてiTunesを操作したいのに、本から、ページから、文字から目を離したくない。

意外に色気のあるジャスティン・ビーバーの歌声は切なさが漂う。

でも6畳一間風呂なしアパートで作る星野源の歌声は聴こえてこない。

悶々しつつも文章にはちゃんと引き込まれてる。

 

彼の最初のエッセイ「そして生活はつづく」ももちろん大好きで、笑わせるつもりもないのだろう淡々とシンプルな文字列に、私の脳内で彼が勝手に踊り出していてめちゃくちゃ笑ってしまう(のを抑える)。

風呂場の変態マイケル・ジャクソンが宅配便の鳴らすチャイムに固まった時、私も完全に息が止まった。

死ぬかと思った。パニックになるほど鼓動が激しくなる。

あれほどの緊張感はなかなかない。

 

原田宗典氏のエッセイでもかなり震えたし悶絶したけど、それは確実に笑わせに来てる文章にまんまとやられていただけで、星野源はそうじゃない。リアル人間ドラマがシンプルに語られているだけなのだ。

 

ていうか、まだ45ページ目なんだけどね。

短い通勤時間が読書タイムの私だけど、これは今日明日で読み終わりそう。

久しぶりの読書モードに突入できるかも。 

電車を降りてバス待ちの間にiTunesを操作。

 

遅刻だ…