ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

時代に追いつくの必死な時代(歳をとると繰り言が増える)

何から伝えればいいのか

わからないまま…

 

 

これ以上続けると某団体が金払えって言ってきそうなのでここまで。

 

 

先日いつもの様にiTunesで曲シャッフルしながら通勤してたんですけど、結構懐メロと言える楽曲がぐいぐい入ってくる。ちなみに上記の様な感じのは探したけどなかったw

何曲くらい入ってるのかちょっと今確認できないんだけど。iPhoneに移したら使い勝手イマイチまだ慣れないものでねぇ。

iPod4Gから始まって、最終的にclassic160Gを使ってた。4〜5年使ったかな?最後の方は残100G表示がアルバム入れようがなんだろうが変化がなかったからHDが劣化してたのかも…。いや圧縮技術が良くなってたとか?

 

さっぱり分からん…

 

あとは、ワイヤレスイヤホンの為のトランスミッタの寿命なのか、音飛びが気になるとかWi-Fi環境に影響されやすいのもイライラしてた。それに持ち歩くものを減らしたかった…。ちょっと出かけるのもどうも音楽が欲しい。(多分中毒)

長時間外出となるとバッテリーチャージも必要。

んでケーブルがね。コネクタっていうの?これなの。

f:id:bionic_giko:20170307094323j:plain

「懐かしい」そんな心の声が聞こえてきます…。

ワイヤレスイヤホンはandroidタイプ、iPhoneはlightning…

持ち歩きケーブル3本とかアホか!

て今ちょっとググってたらすごいの出て来たw

f:id:bionic_giko:20170307095141j:plain

これはこれで鬱陶しい。気持ち悪いwww

バッグの中でこれがもしもぞもぞ動いてたらとか想像するwwww←私だけ?

 

 

てことで、重さや形とかとても好きだったので名残惜しみつつMNPの際にそれまで32Gもあれば十分だったiPhone、デュアルレンズのPlusにするか悩みつつ結局256GにしてiTunesをぶち込む方を選んだ。

だってそんな立派な写真撮ることもないわけで…

 

(プロ仕様で最低でも50万円は下らなかったデジタル一眼を横目に、夜空や月や星を撮りたいと三脚までセットで購入したその半年後…急激に安価な一般家庭用デジタル一眼が普及した話はもう地下50mに埋めました。もちろん盛り土じゃなくてコンクリートで空洞を作ってあります!浸潤もなく安心。)

 

 

 

お小遣いを貯めて始まったレコードコレクションからカセットテープ時代、CD時代、MDが出てカセットテープを一生懸命MDに移動してテープを処分、ここで結構コレクションを失ってしまった…ぅぐぐ…

その後やっとCDコピーの時代になって、更にデータ保存も可能になって、iTunesにまとめ始めたのって何年くらい前?

 

でも!

あの曲がない!ラジオから録音した貴重なライブやトークの音源が!LPからMDに買い替えたヤツが!仕方なく中古CD探しまくってやっと入れた筈なのにPCを変えてデータ移行する時にが移行失敗してた!!!などなど…とにかく悔しい。とても悲しい。

 

しかもその間にどんなけOSが変わりデータ量が爆発的に増大、PCもソフトも使いもんにならんで買い換えさせてくれたんや!

パソコン業界よ!!!!

(ここ25年で10万遍は叫んだ、これ↑)

 

「HD?80もあれば十分ですよ!」

 お前が言った言葉を忘れんからな!!!

(だれ)

 

感情的になって逸脱甚だしい…。ていうかそもそも本当はこういう話題ではなかったんだけど。

 

 

当初書きたかったことは諦めた。(タイトルを変更)

 

色々取り返しのつかない失われたデータがありつつ、今はネットを隅々探すと現れたりするから嬉しい…。でもそれをデータに落としていいのか、そもそもどうやってiTunesに落とし込むのか…

権利問題も技術的進歩もおばさんのキャパをもう遥かに超えてきてる…(涙)

 

それなりに時代の端っこを必死に追いかけて掴んでは振り落されながらも喰らいついてきたつもりだけど、それでも「情弱」と言われたら悲しいことに反論は出来ない訳ですよ…自覚はしてます、ええ。

 

情報を取り入れ理解するチカラは若い頃よりあると思うけど、それ以上に忘れていく速度が尋常じゃない。

「知ってるんだけど名称が出てこない現象」は呼吸するたびに記憶を蹂躙していく。

 

名称だけじゃないし、記憶の新旧関わらず、思い出したい時に引き出しそのものが無くなってたりする。

 

やばい、また「歳とったわ」みたいな話になる…(タイトル追加)

 

インターネットって本当にありがたい。思い出せる断片を入力すると「これ?」「それともこれのこと?」なんつってちゃんと教えてくれるんだよ。

だれがすごいのだ。ほんとすごいよね。

 

 

でもどうしても納得できないのは「うまくネットに繋がらない」っていう時に説明書を見ると「ネットでここ見てね」て書いてあること。

説明書を引き裂きたくなる。

電話で聞こうとするとフリーダイヤルじゃないとか。30分も待つとか。

電話線まで引きちぎりたくなる腹立たしさ。

 

上手く出来ないだけじゃなくて、ちょっと怒りっぽくもなってるのか。

悲しい。

悲しいよ、時代と老いが。

 

 

でもさ、ピーヒャラララピーギィイイイイヒャラピーってカセットにデータを録音してた時代も8インチのペコペコしちゃうフロッピーもひとつひとつ使ってきたからこそ、今があると思うのね、私。

良い時代に生まれてきたなと思う。会社で働いたり、家人の仕事の手伝いや申告処理をしたり、色んな経験もしてきたなと思う。ソフトも使えるしPCの設定もだいたい自力で可能。トラブルも幾度となく乗り越えた。

apple製品だけは泣いた)

そういうことがないと多分業務の効率化に貢献する様な技術の発展にはものすごく疎かったよ、絶対。

 

ま、家事に興味がないので家電には疎いけども。最低限の設備で料理は出来るのでそれは問題ないし。なお、火は起こせない←

 

黒電話からプッシュホン、子機、FAX、電子メール…SNS。固いもの柔らかいもの使って来た、自然に。勿論出現の時の驚きは毎回「ええええええええっ?」だったけど。

 

ね?

ガラケースマホタブレットもPCもある程度使ってて、対応ソフトだって最低限使える中高年を「情弱」で切り捨てるな。

(空に向かって)

 

 

 

よく「ネット切断!!」なんつってパニックになって、大事故が起こるよ?どうするよ!?なんていう事案が発生!ここで突如邪険にされてきたおじさんやおばさんや更にはおじいちゃんやおばあちゃんが出てきて、古(いにしえ)の知恵で危機を乗り越えるっていう映画が結構あるでしょ?

 

今思い出せるのは邦画の…なんだっけ…カタカタカタ(検索)

ハッピーフライト

これ。

この映画好き。多分劇場で観た時よりじわじわ好きになってるかも。

 

綾瀬はるかは全力のかわいさだし田辺誠一も画伯と呼ばれる前だよ。

脇もすごいよ。寺島しのぶ吹石一恵田中哲司etc.今となっては有名な面々…。

チョイ役に笹野高史ベンガル、江本明、一瞬の竹中直人…どうしたらこんなメンツをチョイ役でキャスティングできるの!?

 

ほんでなんといっても岸部一徳さんの活躍。もうなんかあのジオラマを風雨の中運ぶ姿が思い浮かぶよ(記憶まだある!)。

ここで活躍する世代なんだよ、ワレワレハ!!

…や、すまん。私は多分役に立たん。

 

全然知らなかったけど、音楽がミッキー吉野だよ!びっくりだよ!!

wikiもすごいよね!

www.youtube.com

 

 

なんで映画の話になったんだっけ…?