読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

喉の不調について衝撃的な記事を…涙(昨夜のアップ後)

腹立つ

腹立つ

ああああ腹立つ

 

 

昨夜とうとう某病院検索サイトに口コミを投稿しました。

あ、タイトルの「衝撃的な記事」というのは、自分が見つけた情報であって口コミの内容のことではありません(笑)

冷静にありのままを投稿してあります。

 

基本的にツイッターでぶーぶー↓愚痴を垂れ流すことはあっても、口コミサイトに悪い評価と具体的な事を投稿したことはないです。

だから後味がとても悪いです。

 

10日間3回の診察で治癒過程を全く自覚できず、更には大変失礼な言葉を投げつけてくる医師に不信感しか生まれてこないということ。

もう耐えきれませんでした。

本当にそんなメンタル強くないんで。

 

もともとネットで調べたことを医師に伝えるのは失礼な行為だと控える様にしています。

でも昨夜PCを開けたついでにふと検索をしました。

 

もっと早くと思われるかもしれませんが、もちろん初診後に一度調べました。

それでも慌てていたこともあるし、医師の「検査しないと何とも言えない」という姿勢が間違いとは思わなかったので

「検査結果を待とう」という気持ちが勝っていました。

 

該当する症状から完全に一致する病名ともっと効果のあるお薬も知る事が出来ました。

むしろ逆効果になるような薬を処方されていることも知りました。

 

まずは怒りよりも「これやん!!」というホッとした気持ちでした。

 

このことについて直接伝える気にもなりません。

やはり素人がネットで得た情報を披露することほど医師が不快に思うことはないと思っているし、

更にはあの医師はもっと酷い言葉を返して来るだろうとしか思えないからです。

何よりもうあそこに行く気力を捻り出すよりも、

半休を取ってでも混雑で行きづらい喘息治療中の病院へ行くことが懸命だと判断が出来て決意できました。

 

それにしても何のためのお薬手帳でしょうか。

何のために「紹介状」というシステムがあるのでしょうか。

対応に差があることは理解できますが、これほどクオリティに差を感じたことは初めてです。

 

「一応、口腔外科も行くことにして予約をしたんですけど」

「同じですよ!耳鼻科はやくざなんですよ(半笑い)」

「は?」

「これはね、耳鼻科じゃ分かんないの」

「はぁ」

「八百屋で肉買わないでしょ?」

「は?」

「そういう事ですよ」

「」

 

これ本当に交わされたというか、半笑いで医師から言われた事です。

質問を繰り返す私に苛立ったのかもしれませんが、医師が不安を訴える患者に対して話す内容としてはこれこそ「衝撃的」でこれ以降言葉が浮かばなくなりました。

 

これが怒りという感情になるまでなかなか時間が掛かりました。

私は本当に怒りのスイッチがバカなんですね。

 

悪意を感じる。言葉にも態度にも。

初診から感じていたけど、3回目にしてやっと「これ怒っていいんだ」と思いました。

怒りより症状への落ち込みと、

言われた言葉に傷ついてガッカリしたり悲しくなったり、

どうしていいか分からない不安が先に立っていました。

 

「分からないから休みが明けたら別の病院か、今の薬を処方されてるとこに行って欲しい」

それが言えなかったということでしょうか?

 

詮索してもせんないことです。

無意味ですし、問いただしたところでもうこの不信感は払拭できないでしょう。

察しの悪い私もなんですけど、

医師としてより「人として」の対応に心底腹が立ちます。

 

 

ネットへの口コミとはいえ、そんな感情的な行動を起こしてからすぐに寝てしまったせいか、酷い夢を見てうなされ、寝不足と不快感で起き上がるのにまたとても苦しい思いをしました。

 

今、会社に向かう道すがらこれを書いています。

とても冷静です。

 

明日半休を取ることには決めていましたし、今日ももうあの病院へは行かないと、迷いなく思っているからです。

 

勢いで書きました。このままアップします。

誤字脱字表記違いなどは発見次第訂正加筆していきます。

 

青い空に薄い雲と、

白いちょっと太った月が美しいです。