読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

70's バイブレーション ライブ

f:id:bionic_giko:20161003180027j:plain

 

ライブ4日前くらいに

Twitterで情報を得て、おぁっ近所やん!

大貫妙子さんが!清水ミチコさんが!高野寛クンや高田漣クンまで!!

(森山良子さんもいますけど)

 

…て簡単にチケットが取れましたわ。

 

ただ当日ぷらぷら歩いて着いたら会場間違えてて、ヒィってなってあわあわタクシーで間に合うとか言う(意外に余裕だった)、

相変わらずすっとこどっこいかましたけどw

 

近くてほんまに良かった…汗 

確実に終わったと思った…w

 

 

いやぁ席はいいし、高平哲郎さんと清水ミチコさんのサブカル談義から始まり笑うわ感動だわなライブでした。

 

 

実際のところ、70年代は無意識で生きてた時代だから憶えてるのはせいぜい漫画が好きになったとか

百恵ちゃんとかピンクレディーとか…

この辺り高野クンと同じであった…。

 

 

でもこの時代にくすぶってた人の大物の多さったらハンパない。

わしは語らないけどw

 

 

清水ミチコさんてすごく好きなんだよねぇ。

「国民の叔母」て自ら言う。

なんていうか「らしさ」(笑)

 

 

すごい才能の持ち主なのに全然鼻にかけない、音楽だけでなく笑いも良く知ってて、

誰と話していても茶化してるようなおかしさがあるのに、相手はもちろん周囲も全然嫌味に聞こえなくてむしろむちゃくちゃ楽しい。

 

彼女がライブ中にも何度も言ってて、ライブ後のブログにも書いてた70年代の雰囲気。

 

『冒険に満ちてて、お金の匂いがしない。

なんでなんだろう?

ポスター1枚とっても、遊びたい気持ちが優先しちゃってるんですよね。』

 

 

興味のあること、やりたいことを面白がってる。

それが商売になるまでに全員残らず苦労してるんだが。

 

いやわしは語らんよ(笑)

 

彼女のネタももちろん目当てだったしひと通り。

個人的にはキヨシローも拓郎も全然似てないんだけどなんでか聞かせるw

 

でも陽水さんの「傘がない」でもう悶えたわww

 

ほんっとに全然似てないレベル超えて、もはや何歌ってるのか分からないっっ!!ww

ひとりで大爆笑して殺されるかと。

だってお客さんはやはりちょっと上の方が多くて、汗

 

でも彼女のこのスタイルのきっかけ「矢野顕子さん」はもう神の域。

息が出来んかった。バカなんじゃないのってくらいバカっぽくて(ひどい)

 

森山良子さんはまあ普通にフォークのね、うん(割愛)

 

やはり大貫妙子嬢だなぁ。相変わらず不機嫌そうで(笑)

清水さんと「なんで怒ってるんですか」「怒ってないですよ」「あ、怒らしちゃった」「怒ってないですって」とか何回もやってた。

 

このところこの時代の方々がデビュー40周年だのなんだのってイベントやったり記念アルバム出したりされてて、情報目にする度に泣けるわー

 

歳のせいかな。

 

山下達郎さんのインタビュー、貼っておく。自分の為に貼っておく。

http://wmg.jp/tatsuro/?cid=tw_tatsuro

 

(もちろん、ライブチケットなんか取れませんでしたよ)

 

あ、松本隆さんは45周年か。これもまた豪華なライブだったよなぁ。

 

ええ行ってないです、涙

 

 

ナイアガラトライアングル」からこういう日本のポップミュージックに惹かれてきた自分の中身ってのがしみじみ。

 

歳のせいかなぁ。

 

最近は細野晴臣さんの著書(主に鈴木惣一郎氏との対談本)にはまってて(星野源クンにリンク!リンクリンク!!)

そしたら細野さんは結局「回帰」する作業に没頭してる様子。

新しい音楽を作り追いかけ続けてきた人のはずだったのが、

今はどんどん古い音楽を後戻りしながら追いかけてて

「追いきれない、僕が探して引っ張り出しておかないとこの大切な脈々と続いてる「音楽」てのが埋もれてしまう」って言う。

いくら新しいリズムやメロディを作ったと思っても、

この歴史の中に絶対にもともとあったものなんだっていう事に気付いたって言う。

 

そろそろ自分が作ってきたものをまとめる年齢になってるのに

「それは誰か(鈴木くん)やってくれないかなぁ(やってよ、僕めんどくさいもん)」て言う。

 

↑あ、まとめてはおきたいんだ(笑)

 

はぁしみじみ。

歳のせいかね。

 

自分はまだ70年代すらちゃんと聴いてなかったんだなぁと。

 

てなわけで

このライブ最後とアンコールで出演者皆さんで歌われた

キャロルキング「you got a friend」

細野さん「ろっかばいまいべいびぃ」

心酔中。

 

 

You TubeiTunesのある時代に生きてて本当によかった…しみじみ。

歳…ry

 

 

ライブの帰り道に(会場間違えたけど、結局ウチからは全然近いとこ)歩いてる途中で霧雨になってしまったんだけど、

もともと傘をさすのがめんどくさくて、ざんざん降りでずぶ濡れになるんじゃなければ傘をささない性分なんで

iPodから星野源クンを投入しながらノリノリでウキウキでどんどん歩いてたら、なんならステップまで踏んじゃってたら、

まあまあにしっとり濡れてきちゃってて

 

そしたらさっき聴いた清水ミチコさんの「傘がない」を思い出しちゃっておかしくっておかしくって、

ニヤニヤしながら暗い公園とまだまだギャンギャン大盛り上がりなハマスタ横を通り抜けてました…

(結構不審者)

 

はー面白かった。

 

良い夜でした。