読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

「ヘヴン」川上未映子 著

この苦しみは。

自分の抱く正しさとか罪悪とか、大事なコトやモノ。

 

今、こうしていることは。 

 

誰かの存在に、荒れ狂い揺らぎ、時に凪いで、煌めく、この自分は、この世界は。

 

傷つき、許し、受け入れ、否定し、壊す、ここにある自分は。

誰が決めるん。

何が決めるん。

 

決めたらそれは真実なん。

それは正義なん。

誰か教えて。

 

 

あたしはそうだった。

こんな風に、自分も家族も好きなヒトも好きなコトも、自分にとって何なん。

 

見えるから何なん。

見えないモノは真実ではないん。

言葉は交わされる程に変化して、

自分のモノだったはずなのに、違うモノになって相手に吸い込まれてしまう。


これは

イジメとか、そういう話やない。

これは、胸を掴んで苦しめる、何かの話。

ずっと抱えてきた話。

 

 

追記

厨二病て、これなのかな、苦笑

時計が逆周りに急回転して、

あの頃から感じてた孤立感を思い出して、

友達と楽しく話してたり

誰かが好きだったり 

部活に打ち込んだり

誰かに無視されたり

文房具隠されたり

あたしをキライな誰かの存在を感じたり

でもそれは中学だけでなくて

高校もその先も、社会人になっても

ケッコンしてもずっとずっと

 

自分と、自分の周りの世界みんな、

わからないコトばかりで

何が繋がってて、どこが離れてるのか、

ほんとは

宇宙には自分しかいないみたいな

 

そういうコト