読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

「聖(さとし)の青春」 著 大崎善生

誰もが知る天才棋士羽生善治氏と同世代の村山聖氏の29年という短い生涯を、将棋を通して描いている。

羽生氏との対戦成績はことごとく勝利している、といえばその棋士としての才能を感じてもらえるだろうか。

村山氏は幼少時にネフローゼという重い腎臓疾患にかかり、ついには膀胱癌、肝臓癌で命を奪われることになる。

長い長い入院生活の中で将棋に出会い、勉強に勉強を重ねて、体の障害を抱えながら名人を夢見ながら終にも達成できず、生涯を終えていく。

その凄絶で純粋で、そして強靭な生き様が、なまぬるく生きる自分を叱咤するようで、恥ずかしい。

いや、比較することすら恥ずかしい