ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

読了「囮弁護士」スコット・トゥロー 著

映画「推定無罪」を書いた作家の同様のリーガルスリラー。文庫本上下巻。

f:id:bionic_giko:20170520140034j:plain

 

法律モノは弱いので最初はなかなか進まなかった。

多少「ん?」と思っても無理矢理ぶいぶい読み進むことに専念。おぼろげでも登場人物や状況が理解できてくると、どんどん面白くなるものなんだな。(強引)


勿論、進めば進むほど話の展開も面白く描かれるわけなんだけど。

最後は悲しかった。

 

最初は誰もが主人公の「いい加減さ」に閉口する。

登場人物も、多分どんな読者も。

 

でもだんだんと彼の人としての「芯」が見えてくる。

そうしたらそれが「憎めない人物」、私にとっては「魅力的」にさえ感じるようになるのだ。

正直さや、強さや、そういうものに惹かれずにはいられない。

 

「嘘」がいいとは言わないけど、それがその人の不誠実さを決めるものでもないと思う。これまでなんとなく曖昧だったことが、自分の中にはっきりと見えた気がする。

 

 

*追記20170520

いくつかまとめて引っ越してるけど、このSNSでのレビューもどうやらまとめて行ったらしく、全部日付が同じなのねぇ…えーー

いつ読んでいつ観て、レビュー書いてるんだろうか。全然思い出せないし本もなかなか読んでるんだよなぁ(全然覚えてないぃ)