ぎこの観たもの聴いたもの

映画や音楽多め。あとどーでもいいひとりごち

どうぶつ

ニオイ、ニオイ、ニオイに困ってるちゅーーーーっ!きっついわぁああ

子猫の口臭がかなりきつい。 最初は、保護された猫なのでしっこ臭いのだと思い多少家に慣れた頃にシャワーをしたのだけど、洗っても洗っても臭いが湯気と共に立ち上るのが不思議であった。 水分を十分に拭いてやり乾けばこれで安心と思っていたけど、だめだ…

宗教観とかファンタジックな気持ちは持たないタイプ

両親の実家も家人の方もごく普通に仏教系のお寺さんとお付き合いがある。と言っても法事にお経をいただいたり、お葬式があればという程度。 でもどちらも詳細を伝え聞いていないし、実のところそういうことには無頓着に生きてきた。常識程度に作法を覚えてい…

朝起きたら子猫が姿を見せてくれてた(写真撮る余裕がない)

迎えてちょうど1週間の今日。 とにかくベッドの下とソファの下で潜んでいた子猫が、ようやく「人間はすげぇやべぇやつら」ではないということを分かってくれた様子になった。 前に迎えた子は初日からのんびりとして家中をのっしのっしと歩きまわり、人間が何…

Hello My Friend.....?

相変わらず亡くなった猫のことが忘れられずにいるのだけど、それにも増して「居たはずの存在の空白」の淋しさに耐えきれず、足取りは重かったもののなんとか動いて新しい出会いにこじつけた。 偶然の賜物と思っている動物との出会い、結局その糸は自力で手繰…

愛するものを失うときに思ってたこと。心残りや後悔のこと。(閲覧注意)

閲覧注意としたけど、ショッキングな画像はありません。まるで生きているかのような美しく愛らしい亡骸は撮影しましたがネットに掲げる気にはなりませんでしたので。 猫が死に至るまでの詳細を記載しています。苦手な方、経験のある方でまだ傷が癒えていない…

傷心の日々を右往左往しつつパイプオルガンリサイタルに行ってきた

愛猫急逝から3日。 お稽古の先生にご報告のメールを書いていたら、リサイタルの備忘録になったので切取り加筆訂正してこちらに貼ることにしました。 bionic-giko.hatenablog.jp bionic-giko.hatenablog.jp そう遠くないと覚悟はしていました 余りに突然だっ…

14年くらい一緒に暮らしたねこが旅立った。さよなら。

嘘みたいだけど、さっき「先が見えない」と書いたねこはあれからまもなく、頭を私の手の上に乗せて旅立った。 今、傍らに置いた亡骸は生きてる時のままの肌触りだ。洋猫の血が入っているであろうこのねこの少し長めの毛の肌触りは、この子の自慢。そしてふく…

眠れそうにない、ほんとは眠れるかもしれないけど眠るのが怖い

我が家の猫は「赤血球増多症」と診断されていた。この診断の際に、異常な赤血球の量に医師が「精密検査を要する」としたものの、再度の詳細の血液検査によって「他の部位の異常によるもの(二次性)ではなく、もともとこの病が発症したものである」と診断を…

先生、私に優しくして下さい!!!

扇情的なタイトルにしたけど、猫の話です。 期待した方はお帰り下さい。申し訳ありません。 猫の病気で病院に行くのはもうやめるもんね!って決めたんですけど。 bionic-giko.hatenablog.jp その後は波がありつつもそんなものすごく困った事態にもならず、 …

神回「柴犬」

星野源さんの「いのちの車窓から」。 「いのちの車窓から」星野源 今朝の通勤から読み始めた - ぎこの観たもの聴いたもの 読み始めた時に「ささっと2日もあれば読み終えそう」なんて思ってたけど、実はまだ読んでる← 春のせいなのか 歯医者に行って口の中を…

ウチの猫のことで…(これで報告は一旦停止予定)

「赤血球増多症と思われる」との診断をもらったウチの猫についてのその後です。 bionic-giko.hatenablog.jp bionic-giko.hatenablog.jp 先回でも書いたように「腫瘍などが発生した様な結果ではなく、赤血球の増多は『一次性赤血球増多症』と思われる状態です…

ウチの猫、多分14歳くらいにて(2)

「赤血球増多症」と思われる診断をされたウチの猫についてのつづきです。 2度目の採血後、院内での簡易結果を受けて「これ以上の検査はしない、どの結果でももうこれについての検査や治療のために病院には来ないこと」を決めて先生に伝えました。 猫の様子で…

ウチの猫、多分14歳くらいにて (1)

ウチの猫、2月の終わりに2回の血液検査をしました。 まず結果から。 「赤血球増多症」(だと思われる)と診断されました。 これ以上の検査をしないことを伝え、先生にも理解していただき、これからのケアをどういった形でしていくか、相談に行くことになってい…

野生のいのちと対峙する (3) シマリスって馴れないの?

結局「シマリス」が私にとっては「野生の動物」として家で暮らしたのが初めてだったので、もう少し。 人に懐くかと聞かれたら「yes」でもあるし「No」でもある。 人間は森に住めますか?という質問をされてると考えるといいかもしれない。 住み心地が快適で…

野生のいのちと対峙する (2) シマリスを迎えたとき

前回「続きます」と締めたまま諦めていたけど、再度トライしてみることにした。 bionic-giko.hatenablog.jp 今、人生で初めて猫と暮らしている。多分13歳くらいだろうかと思う。 野良猫を保護し里親を探すサイトで出会った。迎えるまでに入院したりしたけれ…

野生のいのちと対峙する (1)

20150221 朝からいきなり / 下の事務所のブチョーが弱ったスズメを拾ってきて 「ほい、飛べないよ」て手渡してきた 手のひらに包むと眠ってしまう / ふわふわでかわいくて 頬ずりしたりキスしたり / (絶対やってはいけません) あんまりふわふわだから 子雀の…

うーんな土曜日

土曜は15時まで隔週の出勤なのだけど、 早上がりをさせてもらえることも多い その日の稼働状況と上司の気分次第だけど まあ予定入れちゃってたら「早めに上がりまーす」ってちょっとフリー この日、普通に定時までのつもりで出社 よくある午前中はダラダラと…

ミケコのこと。動物とのこと。

近所で去年くらいから時折見かけてた野良猫。 あたしが勝手に「ミケコ」と呼んでる。 小さくてガリガリで毛もボソボソの三毛猫で、全然人慣れもしてないけど、たまに顔を合わせると声をかけたりしてた。 あの様子やと多分エイズなのかなと。 あれだと冬は越…

許してね

ぬこを溺愛するあまり、これまでお別れしてきた文鳥やうさぎ、ハムスター、シマリスなどなどたちの夢ばかり見る。 あたしはいつも、彼らの世話をし忘れて、生きているか恐怖にかられてケージを見に行くと 彼らはどうにか生きているけれど、あたしを非難する…

ぬこの謎

ぬこが夜中に布団から這い出してきたので、 暑いのか?と思ったら、 顔を出したところでごろんと横になり、 向かい合わせになった。 で。 ぬこは腕を伸ばし、あたしの眉間にぽんっと手を置いた。 「あ?」 と、手をよけると、 再び、ぽんっと、、、 まあ、別…

映画 「天空の草原のナンサ」

冬の曇り空の一日。 精神状態が不安定なせいもあるのだろうけど、 映画を観ながら泣き通しだった。 ちょうど、昨日「少年が遊びでウサギを蹴り殺した」っていうニュースから、 あれこれネットで「悲しいペットの最後」について見て泣いてたせいもあり、 冒頭…

PC整理

調子の悪いパソコンをいじいじしていたら、 シマリスぼんちゃん(享年8歳)のかわいい写真が出てきた。 人のカップから牛乳を盗み飲みして、満足げにべろべろしてます。 うへーーーーっっかわいーーーっ… 仁王立ちしてべろべろしていやがるーーーーぅ ※追記 …